スロット 女子

スロット 女子

「…………となると、全員をちびふわにしてしまい、お砂糖を食べさせて、きりんさん模様の檻に入れておくしか………」「やめろ

いいか、絶対にだ」「では、ひとまずダリルさんのお話を聞いて下さい

今回のことは、ディノとダリルさんがきちんと各種の保障を得てくれて、和解に至っているのです

あなたも好きかも:スロット 鬼浜
場合によってはヴェンツェル様から、道ならぬ恋は諦めて欲しいというお友達の説得が必要にはなると思いますが…………」「それであれば、私から話をしておこう

国の歌乞いを契約の魔物から奪おうとされては堪らない」すかさずそう助け舟を出してくれたヴェンツェルだったが、ふるふると首を振ったネアに言われたことは想定外だったに違いない

「いえ、ニケ王子の片思いの相手はディノなのです」「………………なん、だと?」「なので、また今度私の大切なものに爪をかけたら、羞恥の為に殺してくれと懇願するような目に遭わせた上で八つ裂きにするとは脅してあるのですが………」「ありゃ、ネアが一番過激なんじゃ…………」「ネアが虐待…………守ってくれようとする…………」「………………え?シルはなんでご機嫌になったわけ?!」ネアがとんでもないことを言い出したぞと視線で助けを求めた王子達に、ダリルは、にやりと悪辣で美しい微笑みを浮かべる

あなたも好きかも:パチンコ 一パチンコ
「まぁ、それはネアちゃんなりの防衛策、嫌がらせの一端なんだけどね」「うむ

エーダリア様の時とは違いましたので、真実の恋ではないことは知っていたのです」「…………いいか、私も真実の恋などではない

あれはお前の思い込みだ」「あらあら、男性の方はなぜか、恥ずかしい思い出として過去の恋に蓋をしてしまう方が多いですねぇ…………」「くっ、なぜ…………」「馬鹿王子、進行の邪魔だから黙っておいで」「ダリル…………」そこでダリルが、恐らくはニケ王子は第一王子派の目論見を挫く上で、国内で再び足をすくわれないよう、あえてその呪いの幕を国外で引こうとしたのだろうと説明した

「その上で、ウィームとの繋がりを、ひいてはヴェルクレアとの外交の線を、他の王子達に押さえられないように強固にするべく、今回の事件を利用したんだろう

したたかな王子だよ、まったく」「そうか、積極的にヴェルクレアと親交を深めているとなれば他の王子達に目をつけられかねない

今回のことであれば自国で公にはならない上に、我が国としても弱味を握った王子程に御し易いものはないからな…………

結果として、他の王子達と交渉する利点がなくなる」「極秘に結ぼうとするなら、損失に見合うだけの利点がある

元々ニケ王子は、対等な交渉が成り立つだけの土産を持ってきたつもりだったようだしね…………」「ほお、そんな土産があの人間に用意出来たのか?」手帳はしまってくれたが、そう言って笑ったアルテアの身に纏う空気は相変わらず鋭い

蔑むような冷ややかな微笑みは怜悧で、とても魔物らしい姿であった

これは後で、パイを頼んでおかないといけなさそうだ