パチンコ セイントセイヤ 319 保留

パチンコ セイントセイヤ 319 保留

ええ、わたくし本当に頑張りました! これでも結構凄いのですっ! 聖女と言われるほど凄いのです!!」 途中から自慢に切り替わったのは、その年齢ゆえだろう

 まだ彼女はそのくらいの年なのだ

 続くパレード――ノスフィーは今日までの苦労を語っていき、最後に言い締める

「道を歩けば物乞いと病人ばかりだった時代は終わりました

あなたも好きかも:パチスロ 黒神 曲
もちろん、まだ裏通りまで完璧とまでは言えませんが、それでも『異邦人』様の世界に一歩近づいたと思っています

あの話に聞く青い空の世界へ、また一歩……」 ノスフィーは空を見る

 活気と希望に満ちたパレードの日だが、暗雲が延々と広がっている

 この世界を蝕む『魔の毒』は消えることなく、まだ頭上に――「――っ」 そのとき、ノスフィーの隣の僕が軽く息を漏らす

「渦波様、いま……」 驚きながらノスフィーは僕の横顔を見る

 僅かに……本当に僅かだが、頬を緩ませる僕を見て、大きく口を開く

あなたも好きかも:スロット 貯玉 何枚
 この数日間、何をしても変わることのなかった表情が動いたのだ

 この数日間の献身的な介護が、やっと実を結んだ――そう思える瞬間だった

 僕はノスフィーに振り向きながら、意味のある言葉まで添える

「少し……

いい夢を……見ているような、気がする……」 夢心地のようだと声を出した