jub パチンコ

jub パチンコ

もしこの仮説が外れていたら、俺は植物だけでなくあの冒険者たちまで刺激することになるからな

あなたも好きかも:スロット これぞん
 当たっていますようにと祈りつつ化け物を見上げると―――――――植物で作られた蛸みたいなでっかい怪物は、サプレッサーで小さくなっていたとはいえ銃声を発する銃を使った俺ではなく、すぐ近くで血を流している冒険者たちの方を見下ろしながらぴくりと触手を動かしていた

 ―――――――やっぱり、こいつを刺激するのに有効なのは血の臭いか

あなたも好きかも:ルパン三世 スロット やめどき
 肉食である以上はそういう臭いに弱いと思っていたんだが、仮説は当たったらしい

 俺が考えていたことを察したのか、まだ無傷で済んでいた冒険者のリーダーが冷や汗を流しながらこっちを睨みつけてきた

「て、てめえ、俺たちを餌にするつもりかッ!?」「正解」 化け物があの冒険者たちを襲っている隙に、俺たちはフィルクシーの涙を持って全力で逃げればいいというわけだ

あの植物が冒険者共を捕食しているうちに逃げれば襲われている彼らに時間を稼いでもらうこともできるし、運がよければ化け物から逃げ切ることもできる筈だ

 それに、装填していたのが大口径の弾丸ではなく小口径の弾丸だったため、彼らの太腿に開いた風穴は非常に小さく、足を引きずる羽目になるとはいえまだ辛うじて移動できる程度の傷で済んでいる

もしこれが大口径の弾丸や、重機関銃で使っているようなでっかい弾丸を放つアンチマテリアルライフルだったら、彼らの片足を捥ぎ取ってしまっていた事だろう

 ノエルちゃんと弾薬を分け合うために選んだ5.56mm弾が功を奏したというわけだ

 というわけで、俺たちが逃げるための囮になってください

 ボルトハンドルを引くと、こっちが攻撃の準備をしているという事を悟ったリーダーが慌てて叫んだ

あなたも好きかも:スロット 黄門ちゃま 女神盛 金剛神
「よ、よせ! も、もう”囮”は2人もいる! 3人もいらないだろう!?」「おい、ボス…………俺たちを見殺しにするのか!?」「い、嫌…………あんな化け物に食われるのは嫌よ…………! ボス、見捨てないで…………!」「黙れぇッ! お、おい、俺も助けてくれ

助けてくれたら何でもくれてやる

今回の報酬もお前らに譲―――――――」 男が喋っている最中に、容赦なくそいつの太腿を5.56mm弾で撃ち抜く

 太腿の肉に風穴が開き、傷口から溢れ出す鮮血の臭いが植物の化け物をさらに刺激した