スロット 切れ目

スロット 切れ目

それが本音だ

 僕たちはお姫様の提案に頷いて返すことにする

「それでは、お言葉に甘えて客室を二つお借りしますね

もう何日も二人だけで船を動かしてきたので、ここで休憩できるのは非常に助かります」「ああ、よかったっ

それではディナーもご一緒できますね

今度はカナミ様でなく、ティティー様のお話も聞きたいです」 お姫様はにっこりと笑って喜んでくれた

あなたも好きかも:ぱちんこ 記念日
 その隣にいたクロエさんも僕たちの同行を悪くは思っていないようだ

「もう何日もお二人だけで、あの巨大な魔力船をですか……? その上、あれだけの戦闘を行ったのならば、体力だけでなく魔力も限界近いことでしょう

あなたも好きかも:セルシー パチンコ
すぐに、お二人のお部屋のご用意を致します」 すぐに近くの船員に声をかけて、準備を始める

あなたも好きかも:エウレカ ao スロット 解析
 その指示を合図に、忙しなく周囲の船員たちは動き出す

 そして、甲板でのお茶会は終了し、大した間もなく僕たちの部屋は用意され、案内される

僕たちが休んでいる間、『リヴィングレジェンド号』のほうは船団の精鋭たちの手によって修復と牽引がされるらしいので安心だ

 こうして僕たちは、この数日間の航海で溜まった疲れを豪華な客室で癒すことになった

 今日の夜に予定していることを考えて、可能な限り睡眠をふかふかのベッドで取っていく

 その後、日が暮れた頃に豪華なディナーが、また客船の甲板で振舞われ、そのお礼にお姫様とクロエさんに他愛もないお話を提供した

向こうも余り突っ込んだ話はしてこないので、とても話しやすいものだ

ティティーとの迷宮探索や一年前の『舞闘会』の話をしている内に、あっという間に夜となる