hotd スロット 6号機 ゾーン

hotd スロット 6号機 ゾーン

感触は、悪くない

あなたも好きかも:地獄少女宵の伽 スロット
ただきっとこいつも他の得物のように、いつの間にかどこかに消失したり他人の手にあっさり渡ったり、いきなり折れたりするんだろうな

まあ、いいや、それまではよろしくな

と思った後に、辺りを見回す

「どうしましたかー?」荷物の上で立ったまま俺の様子を見ていたドルナジャが尋ねてきて「いや、鞘が欲しいなと」「あ、そうよね……そのうち造るから 抜き身で持っていてよ」「残った骨の塊はどうするんだ?」まだ半分弱残っている

ドルナジャは腕を組んでウンウンと頷いて「置いていくわ

ここの場所代としてね」と言ってきた

あなたも好きかも:パチンコ 釘 禁止
「シャドウたちに渡すのなら 直接、村のど真ん中に空から投下した方が いいと思うけどな」ここに最初に訪れたシャドウの誰かが盗む可能性もあると思う

あなたも好きかも:スロット プレミア 画像 集
「いや、そうもいかないのよ」とドルナジャは深刻な表情で言ってくる

一瞬で気づく

さっきまでは分からなかったが今ならば、ドルナジャの顔と言葉、そして辺りの微かに張り詰め始めた雰囲気でもうわかる

俺は、リュウコツを荷物に立てかけてそして、半分以上残っている白く輝く骨に近づいて抱えた

そして、それを両手で掲げて「場所を貸してくれて、本当に助かった!! もう我々が、あなたの国に立ち入ることはない!! 感謝のしるしとしては、少ないかもしれないが これを置いていく!」と声を張り上げると、空気が静かに緩んでいく

「では!!我々はこれで立ち去る!! 本当に助かった!!二度と、立ち入ることはない!! ありがとう!!」そう言うと、俺はドルナジャを胸元に突っ込んで荷物を全て背負い、そしてリュウコツを左手に逆さに持ち開けた空洞へと深く、数十秒頭を下げて、礼をする