滑川 パチンコ ジャンボ

滑川 パチンコ ジャンボ

「・・・な・・・何?」「いやー、うん

あなたも好きかも:ゴッドイーター スロット 上乗せ 振り分け
・・・改めて納得しただけ」「何のこと?」「いやいや、何でもないよ

あなたも好きかも:スロットマシン お化け
こっちのこと、こっちのこと」 戸惑う考助に向かって、ジャルが手をぱたぱたと振った

「そう? それならいいけど・・・」 こういう時は、あまり追及すると碌な目に遭わないというのは、[常春の庭]で散々学んできた考助である

「ところで、わざわざこんな形で会いに来たのは、何か用があったの?」「あっと、そうだった、そうだった

ちゃんと、ついで・・・じゃなく、本題を終わらせないとね」 わざとらしく誤魔化したジャルを、考助はジト目で見つめた

 しかし、見られたジャルは、どこ吹く風とばかりに話を続ける

「じゃじゃーん

おめでとうございます

貴方の眷属であるナナは、条件を満たしたので私の力の一部を授けます」「・・・・・・ええ?」「なに、そのリアクションは?」 何と言われても戸惑うことしかできない考助であった

 そんな考助を見て、ジャルは不満そうに唇を尖らせた

「ほら、もっと驚くとか、嬉しがるとかあるじゃない?」「・・・いや、そもそもの意味が分からないんだけど? ・・・ナナに、力を授けるって何?」「いやほら、わたし一応これでも月の女神とか言われてるわよね?」 自分で、一応と言ってしまう神様ってどうなんだろう、と思う考助だったが、思うだけでとどめた

 どうせ目の前の女神には、心を読まれているのだ

あなたも好きかも:伊那 パチンコ おすすめ
「えっと・・・? そうなの?」「そうなのよ

それで、今回考助が作った<月の祭壇>は、わたしと交神するための条件を満たしているの」「・・・それで?」「ナナちゃんは、わたしの力を授けるに足る条件を既に満たしていたから、<月の祭壇>を通して力を授けることにしたのよ!」 考助にしてみれば、いやいきなりそんなこと言われても、という感じである

「あら? じゃあ、いらないの?」「いえ、生意気なこと考えてすみませんでした

是非、お願いします」「うむ