パラダイス パチンコ 本社

パラダイス パチンコ 本社

 それに……こうやって、まちのみんなもなんだかんだで集まってきてくれていることは、純粋に嬉しいの

だからーー」 ーーバタンッ 音のした方に全員が振り向くとーー地面に横たわる一斗の姿があった

「一斗!」「おい、一斗! どうした!?」 一斗の一番近くにいたハルクがすぐに駆け寄り、何度も声を掛けたがまったく反応がない

 脈をはかってみるととても微弱で、顔が土気色になっていて、状態が悪いのは明らかである

あなたも好きかも:ぱちんこ クエスト
「と、とにかく親子が……仲直りできたみたいで……よかったぜ……やっぱりーー」「これ以上喋らないで、一斗! 今治療するから! 一斗の体調を万全にして! アルクエード!!」 ティスティがアルクエードを唱えたことで、一斗の全身が緑色の光に包まれた、と思いきやーー ーーバシッ! 突然包みこんでいた光が音を立てて消しとび、効果を与えることができなかった

「そ、そんな! どうして? もう一度……アルクエード!!」 ティスティはもう一度魔法を詠唱したがーー結果は先ほどと同じで緑色の光は生じるが、すぐに消えてなくなった

あなたも好きかも:パチンコ フルーツパンチ 曲
「もう一回!!」「俺も!!」「私も!!」 その場にいた人たちが続けて詠唱しても、結果は変わらなかった

(ははは……助けることに夢中で、無茶……しすぎたぜ……さすがにこりゃあやばい……かも……な) 薄れゆく意識の中、ティスティが泣きじゃくる姿を見えたような気がした

あなたも好きかも:パチンコ 麻雀物語2 甘
 自分のために泣いてくれる存在がいてくれていることに満足感がして、一斗は完全に意識を手放した

ガヤガヤと周りがうるさい

瞳を開けると、部屋全体が宴会場みたいになっていた

座敷に足の短いテーブルが並べられてメイリン、ナンマル、山根、セイにナンスナーが飲み食いしている

ルードも普通にお座りして居て、ネコマがセイと肩を組みながら踊っている

二人とも酔っ払いだ

「セイちゃーん好きにゃー」「セイ様をもっと好きになっていけ」外はもう真っ暗だ