パチンコ メダル 持ち帰る

パチンコ メダル 持ち帰る

 交神中は一人にしてくれることが多いのだ

あなたも好きかも:番長3 糞台
今回もその例に洩れず、一人で行っていたのである

『・・・そうですわ』『フフフ

まあ、これ以上は無粋というものね

とりあえず到着まではまだ時間がかかるから、しばらくお待ちなさい』 エリサミール神はそう言って、交神を切った

 向こうから交神を切られることはいつもの事だ

 結局無事が確認されたわけではないという中途半端な情報を手に入れたシルヴィアは、皆がいる部屋へと向かったのだった

 考助が無事に、神域に着いたとエリサミール神から交神があったのは、それからしばらくしてからだった

 無事の到着と同時に、信じられない情報も合わせて聞くことになった

『これで、考助様は現人神として認められました』『・・・・・・はいっ!!!?』『そこまで、驚くことですか? 貴方でしたらある程度は予想していたでしょう?』『確かにいつかはあり得るかもしれないと、考えてはいましたわ

あなたも好きかも:バジリスク パチスロ アプリ
ですが、これほど早くとは・・・』 相変わらず予想を覆した結果を残す考助だった

 それがまた自分を惹きつけるのだから、相当に入れ込んでいるという自覚があるシルヴィアであった

『まあ、それはともかくとして、貴方はどうするのですか?』『どうする、とは?』『あらあら

あなたも好きかも:パチンコ タウンワーク
貴方の立場は何か忘れたのですか?』 それだけで、エリサミール神が何を言いたいのか察したシルヴィアだった

『・・・しかし、それは・・・』『私に気兼ねしているのでしたら、無用の心配ですよ? その程度の事で、私の加護を外したりはしません

複数の加護を持った例が全くないわけではないことは、知っていますよね?』『・・・・・・』 エリサミール神の言っていることは、シルヴィアにも分かっている

 しかしそれでも、とシルヴィアは考えてしまうのだ

『それとも、拒絶されるのが怖いのですか?』 その言葉に、ビクリと跳ね上がってしまった