まどマギ スロット 子役

まどマギ スロット 子役

豪奢な書字板を抱えて、ベンノはご機嫌で蝋の店に行って、蝋を流し込んで完成させる

「それで、マイン

これはどうやって使うんだ?」 ギルベルタ商会に戻って、ベンノはうきうきとした様子で書字板を取り出した

自分の書字板を抱えたルッツも興味深そうに覗きこんでくる

「これは出先で覚書をするためのものなんです

この輪に引っ掛かっている鉄筆を使って、この蝋部分に字を書きます

あなたも好きかも:スロットルバルブ
片面は片手で持てる大きさにしてますし、紙と違って板は固いから書きやすいでしょ? インク壺を持つ人が側にいなくても書けるというのが書字板の魅力です」 早速ベンノが手に持った状態で、中に字を書いてみる

あなたも好きかも:珍古台 スロット 2021
鉄筆で細く彫る感じで、白い跡が残った

「……なるほど

蝋に筆跡が残るんだな」「はい、閉じてしまえば、石板と違って中の文字が消えることもありません

ただ、覚書のための物だから、帰ってから紙や木札の保管できる物に書き写さなきゃダメなんですけど

書き写した後は、この平たい方で蝋を均せば、また使える……はずです」 わたしが使ったことがあるわけではない

本で読んだだけだ