ギアスラッシュ 最高記録 パチンコ

ギアスラッシュ 最高記録 パチンコ

表情も変えず、声の一言も発しない

 無視をされているのか、気付いていないような気配に弥生はゆっくりと首を傾げた

「……どうかなさいました? お昼から戻って、なんだかずっと、元気がありませんけど……」 そっと伺うが、優樹は何も答えず黙々と準備を進め、鞄を閉じると椅子を立ち、そのときにようやく弥生へ目を向けた

あなたも好きかも:マネトレ
「……なにもないよ」 そう答えるものの、まったく感情がない

 無表情で無感情さなら弥生も負けていないが、優樹の場合、それとはどこか違う

あなたも好きかも:パチンコ北斗無双 3
 まるで上の空

虚無感さえ伝わってくる

 ――昼休みが終わって教室に戻ってきて、彼女の様子が一変したようだ

 怪訝に感じながらも、弥生は「……そうですか」と一旦空気を流し、微かに笑みを浮かべた

あなたも好きかも:スロット 優駿倶楽部2 タイキシャトル
「……このあと、どうでしょうか

……お暇なら、ご一緒しませんか? おいしい洋菓子屋があるそうなので」 誰からの情報かは口に出すことなく誘う弥生に、優樹はやはり表情なく、ほんの少しも目を逸らすことなく「……ごめんなさい」と断った

「……もう、約束が入っているから」「あ……、そうですか……」 無表情ながら、弥生は少し残念そうに息を吐いた

「それでは……、また、後日でも」「……うん

……それじゃ」 優樹はニコリともせず、鞄を肩に掛けて教室を出るべく歩き出す

そのとき、「大島さん、またね」と声を掛ける愛想のいいクラスメートもいたのだが、彼女はそれらを無視して通り過ぎてしまった

返事をもらえなかったクラスメートはキョトンとしていたが、「……仕方ないか」と諦め気を取り直す

だが、目で追ってそれを捉えた弥生は怪訝に眉を寄せていた

 ――明らかに様子がおかしい

 自分に無愛想になるのはわからないでもない