ぱちんこ ラインナップ

ぱちんこ ラインナップ

しかし、ミリュウの体が床に激突することはなかった

偽セツナが転倒するミリュウの体を抱きとめたからだ

「嘘……!?」「嘘じゃねえよ

あなたも好きかも:スロット クレア 眠り 設定判別
俺は、俺だ」 ミリュウは、間近で聞こえた偽セツナの声の優しさにどきりとした

あなたも好きかも:ff13-2 カジノ
声は、セツナそのものなのだ

あなたも好きかも:北九州 パチンコ opa
セツナの声で甘く囁かれれば、ミリュウの心に響かないはずもない

偽者だとわかっていても、そうなのだ

仮に本物のセツナがそんな風にいってくれば、彼女は胸をときめかせたに違いない

「ミリュウ」「……セツナ」 ミリュウは、間近で見る偽者の顔が、やはりセツナそのものであることに驚きを隠せなかった

顔の造作も、紛れもなくセツナ本人と同じだった

「いい子だ」 抱えられたまま頭を撫でられて、きょとんとする

「なんなの……?」「なにも恐れることなんてないさ

なんの心配もいらない」 彼が言い聞かせるように、いってくる

まるでこれから起こることに期待を抱けといわんばかりの言葉

それが本物のセツナが発した言葉であれば、どれだけ心を躍らせたか

いや、いまも、胸の内で高鳴る音が聞こえている

偽者なのに

偽者と断定しているのに

セツナの声で発せられる言葉は、どうしようもなく彼女の心に響き、狂わせる