レイヴ パチンコ 設置店

レイヴ パチンコ 設置店

けれど、それを僕は否定する

 諦めるわけにはいかない

そんな終わり方、もう二度とごめんだ

 腹の底――丹田に力を入れ直して、ロードの道を少しでも正そうとする

「違わぬ(・・・)」 しかし、返ってくるのは狂信の即答

「違う!!」「違わぬ! 他でもない妾自身が、そう言っておるのじゃぞ! 何が違うというのじゃ!?」「それでも違うって言ってるんだよ!!」「渦波ぃ! 妾を助けるって言ったじゃろう!? 今朝もっ、あのときも! 渦波が妾(わらわ)を助けるって言ったから、妾はっ、妾はぁっ――!! っはぁ!! はぁっ、はぁっ、ひぃっ!!」 論じ合いが、感情の押し付け合いになったせいか、ロードは過呼吸のような症状に見舞われる

 吸っているのに吐いているような呼気

あなたも好きかも:久米川 パチンコ
吐いているのに吸っているような呼気

あなたも好きかも:ドラクエ7 リメイク カジノ
 そのままならぬ呼吸により、顔を歪めるロード

 そして、息苦しさに耐えかねたロードは『詠唱』の『代償』に手を伸ばす

「ひゅ、ひゅうっ――、はっ、はぁっ! か、『加速するカソクするカソクスル』、『架(カ)ソクすル過息(カソク)する化(カ)そくスル』! 『妾(ワラワ)ハ加塞(カソク)スル魂(タマシイ)』ィ――! 『翠光を零し(カソクする)/追い縋って(カソクする)/奔り続ける魂(カソクする)』、『死を孕みて(カソクする)/尚疾く(カソクする)/奔り続ける魂(カソクする)』、『夢を失い(カソクする)/空と也て尚(カソクする)/奔り続ける魂(カソクする)』――!!」 それは心が軽くなって楽しくなる『詠唱』

あなたも好きかも:神奈川 パチンコ 設置 台数
 『代償』で心を削って削って削って、気持ちを軽くしていく

 その薬物中毒者のような表情から、ロードが『詠唱』に依存してしまっていることがわかる

快活でも荘厳でもなく、ただ乱れるだけの姿は、余りに見ていられない

「その詠唱はやめろ! 冷静に話せなくなる!!」「は、はは、ははは……、何を言う……

妾は冷静じゃぞ……?」 乱れた翠の髪から覗くロードの目には理性が宿っている

 確かに……