スロット 年始 回収

スロット 年始 回収

あなたも好きかも:高知 窪川 パチンコ
 ポカンと置いてけぼりを食らったホワイトは、ハッとなる

「ず、ずるいぞ、二人共! 私だって神子様にいいとこ見せたかったのにっ!」 すると後ろから、ゴゴゴとオーラが漂ってきた

あなたも好きかも:パチンコ 設置 台数 日本 一
「み〜こ〜さ〜ま〜?」 あれだけ嫌だって言ったのにと、ホワイト以上に不機嫌オーラを出すアイシア

「ああっ!? も、申し訳ありません! アイシア様! か、必ずお役に立ちますので! それでは!」 逃げるようにその場を後にしたホワイトも、かなりの速さでいなくなり、地下道の奥から戦闘音が響いてくる

「……あ、あの彼らだけで事足りそうな気がしてきました……」 意気込んだだけに、拍子抜けさせられた

 思えば龍神王の側近を使役しているアイシアがいれば、苦労なく魔物達を倒せるというもの

 いくら生物兵器として改造されているとはいえ、最強種であるドラゴンは伊達ではない

「何言ってますの! ここを徘徊させている魔物はおそらくアミダエルが作った試作品、もしくは不良品ですわ

あなたも好きかも:リアルマネーカジノ ダウンロード
それでも数がかなりいたでしょう?」「え、えっと……はい」 背中に乗っていた時は、密着していた緊張感からそれどころではなかったが、渡された地図を確認した時、魔物の数は確認していた

 この広大な地下道には四、五十体は徘徊している

 しかもどれも未確認の変異種――つまりはアミダエルの作った生物兵器である

「あれだけの強力な魔物達が束になってかかって来られては、私達も亜人の方々も無事では済みません

ですから、あの三人にあらかた数を減らして頂き、対処できるようにしておくのですわ」 あのドラゴン達の方が自分達より圧倒的に実力が上なのだ

 魔物の対処の時間差があまりにある

 それに研究所内で何が待ち受けているのか、アミダエル戦のための消耗を抑えるなど、理由を挙げればキリがない

「私達ができるのは、亜人の人達の安否を確認しつつ、魔物が出てきたら対処

それでいきます!」 そう言うと最初に説得に行った待機部屋へと、先程倒したコウモリ猫と人面オーガから縮んだ亜人達を運ぶ

「あ、あんた達……!」「お願い