パチンコ 下皿

パチンコ 下皿

けれど、『私たちの世界』で私たちは一緒に、いま、大事な『幸せ』を感じられて――「『ふふっ、ふふふっ! ふははは! くくっ、くふふふふ! くはははは!! あーーははははっ、はははははは! ふふっ、あははは! あはは!! はははハハハハ!! アハハハハハ! ははっははっ、ひひ!! くくくく! フハハ!! ハハハハハハ!! アーッハッハッハッハ!! アハハハハ、アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ――――!!!!』」 二人で、大いに笑い合った

 そのあと、たっぷりと息を吸ってから、名前を呼ぶ

『――【ニール】』 もう自分の身体がどうなっているか認識できないほどに、同化が進んでいる

あなたも好きかも:パチンコ ユニフォーム グレー
 あと少しで、この首の上も溶けて、最後の一つの口もなくなるだろう

 その前に、言いたかった

 私を育ててくれた『血の魔獣』たちだけじゃなくて、あなたにも

『『幸せ』にしてください

あなたも好きかも:ドラゴン・タイガー
いまのあなたになら、救われたい』「『幸せ』にさせて欲しい

救えなかった君こそ、救いたい」『一緒に落ちましょう

私は【ニール】のことが、ちゃんと好きですよ』「ああ、ちゃんと俺も好きだ

ずっと一緒だ、【ローレライ】」 救われたいと救いたいが一致する

 これで私たちは両想い

 まるで普通の男女のように、抱き締め合っている―― 振りだけ