神奈川 県 パチンコ 営業 時間

神奈川 県 パチンコ 営業 時間

「……いいんですか?」「これからも仕事、頑張ってくれるんでしょう?」「あたしがいないと何もわかっていないんですもの

仕方がないでしょう」 真っ赤な顔で、つーん、と視線を逸らしたデリアは、乱暴な仕草で包みを抱えて、側仕えの部屋へと駆けこんでいった

「おーい、まだかよ?」「デリアが着替えているから、もう少し待ってちょうだい」 焦れた様子のギルに声を返しながら、わたしはデリアの部屋のドアを見つめた

着替えるだけにしてはずいぶんと時間がかかっている

いつまでたっても出てこない

「デリア、まだ?」 ドアを開けると、服を着たデリアが満面の笑顔で、何か歌いながらくるくる回っていた

あなたも好きかも:名東区 パチンコ キャッスル
目が合った瞬間、デリアはスカートの部分をギュッと握って、ふるふると震える

耳まで真っ赤に染めて、わたしを睨んだ

「か、勝手に開けるんじゃないわよ! もー!」 デリアが側仕えとしてお仕事始めました

あなたも好きかも:パチンコ 海 新台
 もー! と怒りながらも、お仕事熱心です

あなたも好きかも:カジノ プロジェクト ログイン ボーナス
 次回は孤児院の実情です

デリアが側仕えの仕事を始めて数日がたった

休息日と定められていて、母もトゥーリも休みになる土の日以外、毎日わたしは神殿に通っていた

 ベンノを通じて注文していた品物が届くし、料理人に新しいレシピを教えるため、木札にレシピを書かなければならなかったし、本を読む時間が少しでも欲しかったからだ

 その数日の間に、それぞれ側仕えの間で仕事の分担が何となく決まってきた

 風呂、トイレや高価な衣装の洗濯などを初めとした、わたしの見回りの世話と二階の掃除をデリアがする

最近はフランからお茶の入れ方を習っているようで、お茶の準備もデリアがするようになった

 ギルは一階と外回りの掃除、それから、料理人の見張りが主な仕事で、言葉遣いと礼儀作法をフランに叩き込まれている最中だ