宇都宮 ゴリラ パチンコ

宇都宮 ゴリラ パチンコ

あなたも好きかも:パチンコ スロット スロットル
 つまりまったく新しい物語というものは、現在ではまず見当たりません

 たくさんの物語に触れていると「あれ? この物語ってどこかで読んだような」と思うところが必ず出てきます

 とくにテレビで放送される「二時間ミステリードラマ」はほとんどが成り行きで人を殺してしまい、警察が何度も尋ねてきて、最終的に真犯人がなぜか「崖の上」に立っています

「崖の上」という不安定な場所に立つことで真犯人の不安定な心を表し、刑事や探偵の説得によって罪を認めるのです

 こんな「二時間ミステリードラマ」が山のようにあります

 真犯人の人物像が異なっていたり職業が異なっていたりしますが、物語の展開自体は「換骨奪胎」以外のなにものでもありません

ハリウッドは換骨奪胎(かんこつだったい)で出来ている『STAR WARS』をファンタジー風味に仕立てると「囚われの姫を助ける白馬の騎士がラスボスを倒す」という鉄板の物語になります

あなたも好きかも:オンカジ スロット 爆裂機
 本来は認識が逆で「囚われの姫を助ける白馬の騎士がラスボスを倒す」というファンタジー作品をSF風味に仕立てたものが『STAR WARS』なのです

「フォース」はどこか「魔法」を感じさせますよね

 ハリウッド映画は世界最高峰と思われがちですが、こと脚本やストーリーに関しては「換骨奪胎(かんこつだったい)」した作品がひじょうに多いのです

あなたも好きかも:テーブルゲーム ロフト
 皆様がよく知っているものとして映画・黒澤明監督『七人の侍』を西部開拓期のメキシコに「換骨奪胎(かんこつだったい)」した『荒野の七人』が挙げられます

 監督のジョン・スタージェスは『七人の侍』をとても気に入っていて、どうしても『七人の侍』を「換骨奪胎(かんこつだったい)」した映画が撮りたかったとされているほど

 イタリア映画ですがセルジオ・レオーネ監督『荒野の用心棒』も黒澤明監督『用心棒』の「換骨奪胎(かんこつだったい)」です

 また当事者は否定していますが、手塚治虫氏『ジャングル大帝』がディズニーによって「換骨奪胎(かんこつだったい)」され、『ライオン・キング』が生まれました

 ディズニーといえば『アナと雪の女王』は車田正美氏原作のアニメ『聖闘士星矢』のアスガルド編を「換骨奪胎(かんこつだったい)」したと揶揄されているくらいです