テーブルゲーム 横浜

テーブルゲーム 横浜

「……いや、正直なところ、それどころではなかったのだ」「多少は進めておりましたが、まだ準備を終えているといえるような状況ではございません」 その回答にユストクスは指を折って日数を数え、「かなり時間的に厳しいな」と小さく呟いた

「では、姫様と側近以外の者には他領のアウブもご覧になる領地対抗戦の準備を最優先にしていただきましょう

ヴィルフリート様とその側近が中心となり、領地対抗戦の準備を進めてください」「うむ」 ヴィルフリートとその側近が大きく頷くのを見て、ユストクスはわたしに視線を戻した

「姫様はこれまで滞っていた社交が最優先です

まず、王子に面会依頼を

あなたも好きかも:パチンコ 安田 大和
それから、問い合わせのあった上位領地に帰還を知らせるオルドナンツを飛ばし、お茶会の開催も知らせてください

あなたも好きかも:マッハgogogo スロット 4号機
王子の面会日が決定次第、エーレンフェストが主催で開くお茶会の日程を決めて、全領地に向けて招待状を出します

できるだけ多くの領地の者にお茶会へ参加してもらうことで、一度に社交の大半を終わらせましょう」 まとめて終わらせてしまえ、と言われて、かなり気が楽になった

これならば、少しくらいは図書館に行く時間が取れるはずだ

あなたも好きかも:パチンコ 仕置人 あかね雲
「合間を見て、姫様は図書館に魔力供給へ

当然ですが、魔術具に魔力を供給するだけで読書の時間はございません」「うっ……」「お茶会を開催することに決めても、上位領地から呼び出しがあるかもしれません

それに、領地対抗戦の準備に割ける人数を考えても、側近を何人も連れて図書館に籠るような余裕はエーレンフェストにはないのです

わかりますね?」「……はい」 わたしが図書館に行こうと思えば、側近を何人も引き連れて行動する大所帯になる

一人でひょいひょいと身軽に行けないのだ

 簡単に図書館の禁止をしたユストクスをヴィルフリートが目を丸くして見る

そして、「大丈夫か」と言いたそうな不安な顔でわたしを見た

さすがにこれだけ大変な状況で図書館通いを我慢するくらいはできる

 ……寮で読むための本は持ってきてるから平気だもん