五十嵐マリア 引退

五十嵐マリア 引退

「そ、それで……大丈夫だったの?」 反町がそっと窺うと、良二は「……うん」と間を置いて返事をした

「……今までさ、あんまり、こう……本音で向き合ったことがなかったって言うか……

……だから、本音を言ったんだ」「なんて?」「……それは秘密だけど」「言えよー!」 焦らすな!! と言わんばかりに相川が眉をつり上げ身を乗り出すが、良二は苦笑して首を振った

「大したことじゃないんだよ

……ただ、本当に真里乃さんが好きだってコトとか、ここに来るのは不安だけど、挫けないってコトとか……いろいろ

あなたも好きかも:1月 パチンコ 新台
ずっと話して、やっとわかってもらえて

……まさか結婚二日前に別れようって言われるとは思ってなかったから、すごくビックリして

……なんか、その時ホントに、結婚って大変なんだなって思った

あなたも好きかも:パチンコ 天国
……みんなもがんばって」「なにをがんばんねん」と、顔をしかめた大介に突っ込まれ、良二は愉快げに笑い、「……ああ、そうそう」と苦笑している反町に目を向けた

あなたも好きかも:パチンコ ガールズ&パンツァー
「優樹ちゃんをお嫁さんにするつもりなら、覚悟して置いた方がいいよ」「……え?」「ボク、真里乃さんのことを頼むって散々お父さんに泣かれたから

あれは……どうしたらいいのか全然わからないモンだね

なんだか、すごく悪いコトをしてしまったような気がして

ものすごい罪悪感に駆られちゃって、申し訳なくて、しばらくお父さんに会うのが怖くなったよ」「さすが優樹のおとん」 と、一平は吹き出し笑う

 良二は、複雑そうに顔をしかめる反町に情けない笑顔を向けた

「お父さんは優樹ちゃんかわいがりだからね

もっとひどいことになると思うから」「……、お、覚えておきます」 今のうちに、と警告を発せられ、反町は「……はは」と引き攣った笑みを浮かべた

「……不思議だよな」「え? なにが?」「……人の出会いってさ、おかしなモンだよな」 椅子に腰掛けている優樹の隣り、青草の上に座り込んでいる反町は、遠く、音楽に合わせてみんなと一緒に手を取って踊ったり、話を交わしたりしている良二と真里乃を目で追った

 段々と日も暮れ掛けて、景色はオレンジ色に染まっていく

洋一たちは食べ物や飲み物を見繕いながら、たまに大人たちの話に飛び込んで盛り上がっている