湯河原 パチンコ プレゴ

湯河原 パチンコ プレゴ

 本人は無力ですが

一切の共鳴粒子の利用もできませんし 当然、神の力も、精神体で分離することもできません

 因果律も利用できないわけです」「えぇぇええええ……」美射の顔が青ざめていく

「じっ、実験、ミラムーンさんで……? えっ、あ、じゃあ、あの何度殺されても死なないのは……」アルデハイトは頷くと「そういうことです

生命に大きな危害を加えられると 自動で周囲の共鳴粒子を反作用させて 時空を一時的に歪めて、自分の状態を 健康だった時点の過去に戻すという感じですね

 とてつもなく、大雑把に説明すると」「なにそれ……」もう誰も美射を殺せないんじゃないか

「タカユキ様と二人で、完璧な不死生物のコンビです

あなたも好きかも:パチンコ 人気台 歴代
 それを我々は、アグラニウスに送り込みます」「うぅ……変な盾にされた……うぅ……」美射はうなだれている

「な、なあ、例えば、こいつを今、宇宙空間に放り投げると どうなるんだ?」「放り投げられる直前の地点に戻ります」「俺より、こいつが最強なんじゃないか……?」アルデハイトは笑いながら「他の能力は地球人の十七歳程度ですよ

 貴方様が保護して初めて能力を発揮できます」数秒間後悔して、何とか気を取り直すと「……まあ、いいか……とにかく 話を先に進めるぞ……仲間たちには たぶん、もう連絡がいってるんだろ?」「パラーサー氏には、マイカさんが説明しています

あなたも好きかも:ポーカー 役 強さ
 そして……」アルデハイトはニヤリと笑うとスッと消えた

「また何か、意味ありげに消えたな……」美射は身体が動けるようになったらしく力なくその場に座り込んだ

しばらく黙っていると、美射が座ったまま「あのですね……たぶん、この宇宙ステーションに格納された 宇宙飛行機で、惑星に帰還しろと言ってるんだと……うぅ」そしてガクリとその場でへこたれる