dq11 カジノ 攻略

dq11 カジノ 攻略

突然変なこと聞いてっ」「……いえ……」「オレもあっちの別荘に一昨日から来ててさ、昨日、キミを見掛けたんだ

あなたも好きかも:なのは パチンコ アプリ
ほら、白いワンピースに白い帽子被って

今日の格好も似合ってるけど、あれ、すごくよかったよ

かわいい子だなって思って、ずっと見てたんだ」 笑顔の少年に優樹は段々と顔を赤くし、戸惑い目を泳がせながら心の中で「だ、誰か助けて……

流君、来て……」と繰り返す

「今、いくつ? 中学生?」 笑顔で問われて、優樹は戸惑いを捨て去りじっとりと目を据わらせた

あなたも好きかも:ノースランド パチンコ 氷見
「……高校三年生

あなたも好きかも:gf スロット 中古
……十七です」「っえーっ!? 小学生かとも思ったのにっ……」 目を見開いて身動ぎ、オーバーな驚き方をされて、優樹は更に目を据わらせた

 ……もうそろそろ、小学生はないと思うのだが

「おーい

どないしたー?」 声を掛けられているのを見つけたのだろう、一平が水着の上から薄手のパーカーを着て水を滴らせながら近寄ると、優樹は彼を振り返って見上げ、少年は少年で「……おっ」と目を見開いた

「もしかしてハーフ?」「……まあ、そんなモンやけど」 素直に答えるほどの相手でもなく曖昧に答えると、少年は羨ましげな笑みで腰に手を置いた

「いいなぁ、モテるだろうなぁ、背も高いし、顔もいいし」「……、そうでもないけどな」 内心「変なヤツやな」と怪訝に思いつつも首を振るが、「いやっ、絶対モテるよっ!」と力んで否定され、一平も優樹もキョトンとした

 初対面なのに、この馴れ馴れしさはなんだろう

 ――キミは何? と疑問を投げ掛けるも、少年は二人のその視線に気付くことなく「はあ」とため息混じりに項垂れた