パチスロ 凱旋 アメグレ

パチスロ 凱旋 アメグレ

さっきも言った通り、セツナには、是非ともここに署名して欲しいのよ」 といって、ファリアが指し示してきたのは、机の上にある一枚の紙だった

その紙面に書き連ねられた無数の文字は、どうやらこの世界――あるいはこの国――の言語であるらしく、異世界から召喚されたものには到底理解しがたいものであるはずなのだが、しかし、セツナはその複雑な文字の群れが意味するところをほとんど完全に把握できていた

 生まれてこの方一度だって目にしたこともないはずの言語に対して、なんの違和感すらも覚えず、むしろそれが生来親しんできた言葉であるかのような感覚さえも抱くのだ

 ふと、セツナは、思い返す

(そういや、最初からだよな

あなたも好きかも:バジリスク 歴代 スロット
それって……) アズマリア=アルテマックスとの初対面の時からなのだ

 言語を始めとしてありとあらゆるものが異なるはずの世界に召喚されたにも拘らず、そういった面でなにかしらのトラブルが起きたことはなかった

アズマリアと言葉を交わし、それ以外の人々とも会話し、コミュニケーションを取ることができたのだ

あなたも好きかも:桃鉄 スロット アプリ
 改めてその事実を認識したセツナは、召喚に際し、自分の身になにかが起こったのではないかという憶測を立てるに至ったものの、その思索を長々と続けるわけにも行かなかった

 ファリアのまなざしが、そこはかとなく痛い

「ねえ、聞いてる?」「聞いてるよ」 セツナは、慌てて答えた

用紙を手に取り、視線を走らせる

あなたも好きかも:スロット リゼロ フリーズ
黙読は一瞬

書き記された文字がすべて頭に入ったかどうかは怪しいものの、内容は理解する

そもそも、その用紙の内容については、さっきファリアから説明されていたのだ

 ことさら用紙に目を通して見せたのは、ファリアの視線を遮るためだった

「要するに、協会に入れってことだろ?」 セツナは、用紙を再び机の上に戻すと、ファリアの眼を見た

眼鏡のレンズの向こう、エメラルドグリーンの瞳は、真摯にこちらを見据えていた