カジノ バイト

カジノ バイト

名乗ってもせいぜい、雨天止まり

こういう時くらいはそっちの名で呼んで欲しいもんだぜ」「慣れてるのは雨の人って呼び方なんだけど?」「好きにしろッての

つーか、なんでシディはそう、俺に対して当たりが強いンだ?」「忘れたの⁉」「いや」 覚えている

「ンでもありゃァ、お前が武術ッてのをこの目で見てェと、そうこの俺に申し出たンだろうが

あなたも好きかも:スロット バジリスク 絆 天井
だから俺ァ見せてやったろ? 一通り」「私に向けてね! はいはいそーです私が望みましたけども! けれども!」 文字通り、一通り見せた

あなたも好きかも:仕置人 パチンコ 女優
槍やら薙刀やら小太刀やら、扇やら針やら何もかも、一切合切、そして面白半分で追い込みながら、見せてやったのだ

あなたも好きかも:リゼロ スロット 新台
苦手意識を植え付けるには十分なほどに

もう随分と昔の話だ

根に持つのは男の特権ではないらしい

 そのまま歩いて迷いの森に近づけば、既に彼女が――鷺城鷺花(さぎしろさぎか)が、待っていた

「あ、鷺花! やっほー!」「はいはい」 抱き着いたシディを受け止め、ガーネを片手で呼び、右腕を回すようにして頭をなでる

いつもの挨拶を、彼は苦笑しながら見ていた

「んー、で? なんで父さんまでいるの」「そりゃエレアに言えよ、そういうことだろ」「まあそうなんだろうけど……」「――、船頭様が、縁を結んだのですか、鷺花様」「そういうこと

案の定、そっちも逢ったみたいね」「運んで貰ったんだー

でも、ガー姉ちゃんはずっと小太刀作ってたから、海を楽しめなかったみたいだし、また今度って」「へえ……あの量産品じゃすぐ壊れるとは思ってたが、なんだガーネ、作ったのか」「はい

二日で作り、一日調整をいただきました」「銘は」「いえ……ありませんが」「おい鷺花」「ん

ガーネ、屋号っていうと変かもしれないけど、そろそろ銘を打ちなさい

どうせ手は抜いてないんでしょうし、だったら必ずそれは残るから

もう良い頃合いよ」「――、はい、ありがとうございます」「さて、行こうか