パチンコ 欠損

パチンコ 欠損

 まあそれはもう少し落ち着いてからだと考助は思っていた

 それはともかく、次は<ヴァミリニア城>である

あなたも好きかも:綾瀬市 パチンコ屋
 夕食を終えた後、ミツキの要望があったので、召喚前にヴァミリニア城を第七十六層に設置する

 片づけなども終えて、召喚を行うため三人で第七十六層に向かった

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦(でっかい城だなぁ・・・) というのが、最初にヴァミリニア城を見た時の考助の感想である

 もっとも考助が城を見るのは、今世でも前世でも初めてなので、比較対象があるわけではないのだが

あなたも好きかも:三洋物産 パチンコ 大阪
 実はヴァミリニア城は、この世界では標準程度の大きさの城で、この城より大きいものもいくつか存在している

あなたも好きかも:スロット オートプレイ
 まあ城自体を見たことがない考助に、それに気づけというのは無茶な話である

 それはともかく、今三人は城の中で、管理画面に表示されていた<ヴァミリニア宝玉>を探していた

 探すといっても当たり自体は、実はすでにミツキが付けていた

 真っ直ぐ向かえなくもないのだが、考助の希望によりせっかくなので、城の探索がてら寄り道しつつ向かっているのだ

 そういうわけで、王座らしきものがある謁見の間(?)やら、おそらく今は本が入っていない棚がたくさんある元は図書館であろう部屋やら、やたらと厳重な鍵と仕掛けが施されている扉がついた今は何も入っていない宝物庫やらを見回った後、目的のものがある部屋へと来ていた

 <ヴァミリニア宝玉>は、城の地下に当たる場所にあった

 それなりの大きさの部屋の真ん中に、ぽつんと豪華な台座が一つありその上に水晶のような透明な玉が一つ載っかっていた

 念のため左目で確認してみると、間違いなく<ヴァミリニア宝玉>だった

 さり気なく所有者が考助になっている

これは管理層で設置したのが考助だからだろう

「・・・・・・考助様?」「大丈夫」 いきなり<ヴァミリニア宝玉>を触ろうとした考助を心配してミツキが止めようとするが、左目で大丈夫なことを確認していた考助は、気にせず右手を宝玉の上に置いた