横浜駅 ぱちんこ

横浜駅 ぱちんこ

◇◇◇ イスラが用意した料理は、三十分も経たずに三人の腹の中に納まった

あなたも好きかも:パチンコ 店員 恋愛
それほど量が多くなかったこともあるが、普段小食なコレットは、自分がこれほど一気に料理を食べられるのだと驚いた

 食事が終わってからも、カナンはしばしコレットと問答していたが、最後には酔いが回ったのと、何より日中の疲れが出て、眠り込んでしまった

「やれやれ……」 イスラはぼやきながらカナンを抱き上げると、天幕の中に運び込んで毛布をかけてやった

「悪いな、嬢ちゃん

今日はこれでお開きだ」「そんな、こちらこそありがとうございました

とても美味しかったです」「ん……寝床なんだけど、カナンの隣で寝てくれ

ここいら一帯で一番安全な場所だ

あなたも好きかも:マカオ の カジノ
毛布もあるんだけど、寒かったらあいつの服を使ってくれ

怒ったりしないだろうからさ」 そう言いつつ、イスラは食事の後片付けをする

コレットも眠気を覚えていたが、申し訳なさが先だった

「あの……私も、お手伝いします」「そうか? 疲れてるだろ?」「いえ