宝くじの当選確率

宝くじの当選確率

馬鹿っていわれりゃ、俺でも多少はへこむっての

いや、わかってるよ

わかってるけどさあ」「わかっておらぬから、馬鹿さ加減に拍車がかかり続けておるのではないかの」「うるせー、竜王」「それで言い返せた気になっておるところがじゃな」「おまえに説教されるいわれはないぞ!」「なにを!」 ラグナは頭の上から飛び降りてくると、その丸みを帯びた鼻先をセツナの鼻先に突きつけてきた

「まったく……このような状況でよくもまあここまで賑やかでいられるものだ」「おかげで多少は救われますが」「そうか

あなたも好きかも:パチンコ 鎌ケ谷
そうだな

あなたも好きかも:メフィスト スロット bgm
明るいのはいい」 マユリ神がミドガルドを横目に見たのは、なんとなくわかった

あなたも好きかも:まどマギ パチンコ 狙い目
が、セツナは、ラグナとの空中戦に夢中であり、ふたりに目を向ける暇もなかった

セツナの周囲を飛び回る小飛竜は、あまりにもすばしっこく、魔法でも使っているのではないかと疑うほどだ

「希望が持てる」「はい

わたしも、そう思います」「ミドガルド、マユリ様、ひとつ、質問してもいいですか?」「なんだね、改まって」「セツナはなにを落胆したのでしょう?」 ウルクがふたりに質問している間も、セツナはラグナを掴まえるのに必死になっていた

「それは、君がラグナシア様の発言を肯定したからだろう

いくら心許す従僕とはいえ、馬鹿といわれて気分がいいはずがないのだからね」「そうだな

ミドガルドのいうとおりだ

セツナはあれでも、案外繊細だ」「あれでも、とか、案外、とか、色々余計ですってば」 セツナがようやく意見を述べることができたのは、ラグナの尻尾を掴めたからだ

そのまま引き寄せようとするものの、ラグナの抵抗は極めて強い

「見た目には、繊細には見えないぞ」「そう……ですか?」「おまえは、一度自分で自分の姿を見直してみたほうがいいな」「セツナはいまのままで素敵ですが」「ああ、おまえの美的感覚を否定するつもりはないよ、ウルク

ただ、繊細には見えないというだけのことだ」「繊細には見えない……」 ウルクには、マユリ神のいうことがどういうことなのか、よくわからないのだろう

彼女は、イル、エルとともに、セツナを凝視してきた

イルとエルは、ウルクの仕草を真似することが多いのだが、それにしては間がぴったりだったりするのは、ウルクの肆號躯体に搭載された機能の影響なのか、どうか