パチンコ 東三国 イベント

パチンコ 東三国 イベント

私は……ミラでは無い私は、勇者の素質を持ち合わせないのです

勇敢さも、優しさも、どちらも人間であることを諦めた私には手に入れられないものでした」「……レヴ……? 何言って……っ

あなたも好きかも:スロット ガロ打ち方
違う、今はそんなことどうでも……」 恐ろしいです——

あなたも好きかも:女 パチスロ ライター
と、レヴはそう言った

恐ろしい……と、体を震わせながら訴えた

がちがちと歯を鳴らし、焦点の定まらない目を僕に向けて……「——敗北が——死が——

貴方を守れないことが、なによりも恐ろしいです

分かっていました、私では敵わないと

“人造神性”として生まれた私では——そこを目指して造られた途上の私では、本物には追い縋れないのだと——」 人であるミラならばいざ知らず、下位の存在としてある私では決して届かないのだと

全て、理解出来ていたのに——

レヴは笑った

ぼろぼろと涙をこぼして、薄らとだけど笑みを浮かべた

主人《マスター》——と、僕に呼びかけて、手を差し出して

何かを求めて、彼女は笑ってみせた

「————それでも、見過ごせませんでした

ミラが貴方を置いて折れてしまうことが——何よりも大切な貴方を守ることさえ放棄して、勝手に諦めてしまうことが許せませんでした——」 だから——私も折れません——

と、レヴはそう言って立ち上がった

ふらふらと、よろよろと

両手を膝についたまま、とんでもない重圧の中でまた神様を睨みつけた