花火 たーまやー スロット

花火 たーまやー スロット

しばらく黙って考えた末に「なあ、セイ、お前のレコードあるだろ?」セイはチラッとこちらを見てまたそっぽを向く

あなたも好きかも:スロット pia ラチッタ
聞きたくないらしい

「そのレコードな、実は欲しいって 言ってるファンの人たちが居るんだよ」やはりまずは教えることにした

「……!」飲んでいた酒をセイは口から吹きかけてそして口から少し垂れた分を必死にパジャマの袖で拭きながら「なっ、なんだと……ど、どこだ

あなたも好きかも:サクラ大戦 スロット 初代 バグ
 どこにセイ様の信者連中は居るんだ!」勢いあまって立ちあがったセイに注意しようとしたタガグロに首を横に振って「ナホンだよ

ウキナワで会ったナホン皇族のランさん いやマヒロマル・ザンさん って覚えているか?」「誰だそいつ?それにナホンの田舎民どもが セイ様の高尚な音楽を理解しただと?」やはり覚えていなかったか

訝し気なセイに「……ああ、どうやら本当らしいんだ

あなたも好きかも:換金率 スロット
 マナカの牧場に、セイのデビューレコードが 大量に残っていると教えたら、とても喜んでいたよ

 買いたい人がナホンにたくさん居るんだと」セイは困惑した顔でソファに座り込んでしまった

「……ナホンで売れても魔族国のチャートには入らないが……

 だが土人とは言え、セイ様の音楽を 受け入れてくれるのは嬉しいかもしれんな……」「セイちゃん、あんたもいい加減有名人なんやから 誰に対しても土人は言うたらあかんで……」タガグロが脱力して注意する

「……お父しゃん……それと、私の話に何の関係が……」ナーニャがタガグロの眼を気にしながら恐る恐る言ってくる

「セイと俺と一緒に、ナホンでバンドデビューしよう」俺がそう言うと、その場にいた全員が一気に凍り付いた

だがタガグロだけは俺の意図がすぐに分かったようで「ああ、そうか

そうやな

その手は悪くないわ」何度も頷きはじめた

「あ、あの……お父しゃん……」ナーニャは困惑した眼で見つめてくる

セイは嫌そうな顔で「あんな辺境の地でデビューしても仕方ないぞ?」俺は真面目な顔で「いや、そうでもないぞ