春日井 コロナ パチンコ データ

春日井 コロナ パチンコ データ

あなたも好きかも:パチンコ 福井 で てる
これはタイミングの難しい困難な采配で、師団長フランセキー将軍の手腕が光ります

 この正午頃の第7師団の勝利が戦いの分水嶺でした

 この頃、ミュンヘングレーツを追い出されたライニンゲン旅団と、前進したものの退却を命じられたアベル旅団、そしてムスキー高地から追い出された部隊の三つの集団が全て、それぞれ部隊主力のいるフュルステンブルクへ向かって退却して行きました

プロシア軍は騎兵を放って落後するオーストリア兵を捕虜にして行きました

 このミュンヘングレーツの戦いで、プロシア軍は士官8名に兵士333名を失い、 オーストリア軍は20名の士官と兵士1,634名を失いました

あなたも好きかも:パチンコプラザ 潮来
 ザクセン軍は南に離れていて、この戦いには全く参加出来ませんでした

ミュンヘングレーツの戦いミュンヘングレーツの戦いに参加した主な部隊☆オーストリア・ボヘミア軍  ○第一軍団 33,000  司令官クラム・グラース騎兵将軍 参謀長リッツェルホーフェン大佐 リングスハイム少将旅団6,600 ポッシャッハー少将旅団6,600 ピレー少将旅団6,500 アベル少将旅団6,500 ライニンゲン少将旅団6,900 槍騎兵4個中隊700騎 軍団砲兵850 砲40(全体で80)☆プロシア・エルベ軍 48,800  司令官ビッテンフェルト大将参謀長シュトロハイム大佐第14師団 14,800 マインヘーヴェル中将 第27旅団シュワルツコッペン少将6,100 第28旅団ヒラー少将6,100 猟兵第7大隊1,000 騎兵600 砲兵580砲24 他第15師団 14,300 カンスタイン中将 第29旅団スティックラート少将6,100 第30旅団グラスナップ少将6,100 騎兵780 砲兵580砲24 他第16師団 13,600 エッツェル中将 銃兵旅団バイエル少将6,100 第31旅団セーレル少将6,100 猟兵第8大隊1,000 騎兵780 砲兵300砲12 他☆プロシア第一軍 97,000 司令官フリードリヒ・カール・ニコラウス親王参謀長レーツ中将○第四軍団(司令部なし名称のみ)25,600第7師団 14,100 フランセキー中将 第13旅団シュッツホーフ少将6,100 第14旅団ゴルドン少将6,100 騎兵600 砲兵580砲24 他第8師団 11,500 ホルン中将 第15旅団ボーズ少将6,100 第16旅団シュミット少将3,100 猟兵第4大隊1,000 騎兵600 砲兵580 砲24 他

ヴィソコフとスカリッツで第6に続き第8軍団まで敗れたオーストリア北軍

 三方から迫って来る「外線」機動のプロシア軍に対し、防御に徹することで「内線」の利点を活用する(各個撃破狙い)はずだった司令官ベネデック元帥の戦略は、プロシア軍の武器(ドライゼ小銃やクルップ鋼鉄後装砲)や電信と鉄道利用の素早い的確な部隊の機動により連戦連敗、足止めもうまくいかず根本的に戦略の練り直しが必要となりました

あなたも好きかも:スロット ボーナス引けない
 ベネデックは北軍全軍を、ギッチンへの集中行軍から東側プロシア第二軍への対抗を視野に、ケーニヒグレース(現チェコ/フラデツ・クラーロヴェー)からヨセフシュタット要塞に至るエルベ川前面の田園地帯へ撤退させることを決します

 この6月29日

プロシア皇太子は自身が率いる第二軍のこの日の目標を定め、トラテナウで敗北後一日休養と補給に充てた第1軍団を再びトラテナウからピルニコウ(現チェコ/ピルニーコフ)へ、近衛軍団をケーニヒスホーフ(同/ドヴール・クラーロヴェー・ナト・ラベム)へ、第5軍団をグラドリッツ(同/ホウストニーコヴォ・フラディシュチェ)、第6軍団をナーホトへ、それぞれ進撃するよう電信で命じました

 対するベネデック将軍は、第10軍団をケーニヒスホーフを通って更に南西ドゥベネック(現・ドゥベネツ/ケーニヒスホーフ南5キロ)へ撤退させ、第6と第8の疲弊した軍団はドゥベネック西方へ移動、第4軍団にはスカリッツ西のドラン(現・ドラニ)にて待機を命じます