パチンコ モンキー ターン 2

パチンコ モンキー ターン 2

もちろん、そのために浮島全体を覆う障壁が張り巡らされたものの、それがどの程度防げるものなのかはわからない

少なくとも、ジメオンは問題ないと考えているようだ

あなたも好きかも:稲川 パチンコ
「そんなことを少しでも考えるのなら、武装召喚術なんて学ばないのですよ」「そうそう、まったくその通り!」「修業時代から死ぬような想いの連続ですものな」 帝国人たちが口々に叫び、先制攻撃を仕掛けた

あなたも好きかも:課金 オンラインゲーム
つまり、宝石弾を撃ち出される前に打ち落とせば、処理もしやすいと考えたのだろう

嵐のような苛烈な攻撃の数々が巨大宝石をつぎつぎと破壊し、ジメオンの訝しげな表情を引き出すことに成功した

あなたも好きかも:akb パチンコ台
ジメオンは、理解しがたいものでも見るかのように帝国人たちを見遣り、そして腕を振り翳した

宝石弾が動く

「……死を恐れぬか

なんと哀れな、哀れなものよ」 ジメオンの言葉に応じるかのように無数の宝石弾が浮島に向かって放たれたが、その大半は武装召喚師たちによって打ち落とされ、あるいは拘束された

いくつかは浮島に飛来したものの、障壁を打ち破るには至らなかった

小型の宝石弾ならば、浮島の防御障壁で受け止めることができるということだ

ジメオンが目を細めた

「あなたに同情される理由はありませんよ、侵略者」「そうです!」「さっきから不愉快なんだよ、あんたは!」 口々に怒りをぶつけた武装召喚師たちは、その翼でもって空を舞い、中空のジメオンへの接近を試みた

宝石弾もなければ黄金障壁も存在しないいまこそ、ジメオンに攻撃する好機だと考えたのだろう

が、それは当然、ジメオンがわざと作り出した隙であり、ジメオンは、哀れみをもって彼らを一瞥し、両腕で虚空を薙いだ

すると、黄金色の剣閃が虚空を走り、武装召喚師たちは胴体を真っ二つに切り裂かれ、断末魔さえ上げられないまま落下していった