シェイク スロット 天井

シェイク スロット 天井

それはすごく単純な問題なのですが、広大な面積を誇る王都の全てを調査するには時間と人手が少な過ぎるということです

僅か5人で出来ることを考える必要がありました

「一旦、どこかに身を隠した方がいいかもしれませんね」「………

」呟く朱鷺田さんの指摘によって、天城さんは僅かに思考してから問い掛けていました

「どこか思い当たる場所はあるのか?」「いえ、申し訳ありませんが、ここには5年ほど前に1度だけ来たことがあるだけでして、あまり王都には詳しくないのです」「…そうか、だが俺も王都は今日が初めてだからな

」地理が分からないと答える朱鷺田ですが、天城さん自身も王都へ来るのは初めてのようで全くと言って良いほど何も知らないようでした

「だったら宿でもとる?」「いえ、それはちょっと…

」問い掛ける三倉さんの質問を朱鷺田さんは否定していました

「現在は商人しか出入りできない様子ですので宿を取るという行為自体が不審に思われかねません

どこから情報が漏れるか分かりませんので、極力、人との接触は避けるべきではないでしょうか?」…ですよね

あなたも好きかも:最近 パチンコ つまらない
そもそも密入国ですし

あなたも好きかも:分倍河原 パチンコ 閉店
身分の証明書とか出せませんし

宿は無理ですよね?ひとまず宿の確保が無理ということで周囲を警戒しながら町中を進み続けているわけですが、深夜に近い時間のせいか人通りは少ないようですね

それでも町の至る所で巡回の兵士さん達が見回りを行っているせいで、なかなか思うように進めないでいました

「こうなったらまた兵士の服でも奪う?」「それこそ騒ぎになりかねないと思いますが?」三倉さんの提案を徹さんが否定していました