gantz2 パチンコ 評価

gantz2 パチンコ 評価

「今、リウラクタと言ったな」「間違いないよ」「そいつは――人の名前だな?」「そのつもりで言ったけれどね

最後に、知っているならばと付け加えるつもりだった」 言うべきか否か、迷いはしない

あなたも好きかも:レプラコーン 妖精
そもそも、どれほど頑張ったところで、コノミとヒナノは対等ではないのだ

貸し借りをする間柄ならば、貸しを多く作っておいた方がいいだろう

 もっとも、それが貸しになるかどうかは、わからないけれど

「――刀の名前だ」「…………え?」「うちのお袋が、左腰に佩いてる刀の銘だ」「――……じゃあ、そう、リウラクタは、まさか」「魂が込められている――私は、そう聞いている」 その動揺は本物だったように思う

俯くように表情を隠したヒナノが黙って、煙草一本が終わるころ、ようやく顔を上げたかと思えば、乱暴に頭を掻いた

あなたも好きかも:真田十勇士 スロット 新台
「あの女が、そうそう簡単にくたばるとは、思っちゃいなかった……」「いい情報だったか?」「……まあね」「そりゃ何よりだ

気にするな、あんたの言葉を借りるのなら、こいつは軽口だ

あなたも好きかも:パチンコ ポパイ 名護
それでも祖母さんってんなら、選択肢を見せたくもなる」「言うねえ」「口が減らないとは、よく言われるね」「ははは……コノミ、あんたはどうなんだろう」「なにがだ?」「オボロは槍を手にして、一歩を踏み出している

カイドウは悩みながらも、何かをしようと足掻いている

お前は?」「まだ何も」「何も?」「ああ、何も

私は未だに十四歳なんて小娘で――親父やお袋の隣に並べない