パチンコ クイーンズブレイド レイナ 演出

パチンコ クイーンズブレイド レイナ 演出

「別に何も変わらないけどなぁ」「おまえは図太いねん」 と、大介に箸で指され、相川は「なんだとっ?」とムッと目を据わらせるがそれ以上の行動は起こさない

楯突いたところで敵わないのはわかっているのだろう

「今年はのんびりしてていいわねー」 生美が大きく背伸びをして体を伸ばすと、隣の優樹は笑顔で頷いた

「こんな、ちゃんとした学園祭って初めて

すごく楽しい」「去年みたいな事は起こりそうもないしな」 立花がお茶で喉を潤しながら苦笑すると、「だね」と、反町も強く頷く

あなたも好きかも:ほら暗い水の底から パチンコ
「っちゅーか、むちゃ私服多いやん」 一平はおにぎりを食べながら、キョロキョロと目を動かして怪訝に眉を寄せた

「警戒しすぎやンなぁ?」「オレたちを見てるあいつもな」 と、相川は不愉快そうに、木陰に立つ男に視線を向けた

「ずっとあとを付いてきやがって

目障りだ」「何も悪いことなんかしないのにね?」 加奈は「なんでだろ?」と首を傾げながら、相川の唐揚げを摘み食いする

あなたも好きかも:スロット 凱旋 曲
 それぞれ、「ちょっと頂戴」と、お裾分けをもらいながら食事を進め、優樹は揚げパンのあとのクレープを食べながら反町を見上げた

あなたも好きかも:Lilit's Passion - 15 Lines
「午後、どこに行く?」「何かおもしろそうなことやってる教室ってあったっけ?」 みんなを見回し聞くと、「南校舎の裏の雑木林、あそこでサバゲーやるって話だ」 立花が切り出した言葉に「あぶないじゃん」と、怪訝に相川が眉を寄せた

「怪我したらどーすんだよ

優樹先輩と加奈先輩が」 特定する彼に優樹と加奈はキョトンとし、他のみんなはじっとりと目を据わらせる

「BB弾とか塗料じゃなくて、赤外線のおもちゃ使うってよ

それなら平気だろ」「おもしろそやな

それ行くか?」「グループ参加ありって書いてたから、いいかもですね」「予約とか入れなきゃいけないんじゃない?」「じゃあ、ご飯食べ終わったら予約入れに行こうか」「あそこの雑木林って、結構広かったよな?」「何が景品だろ?」 楽しげに話すみんなを見ていた優樹と加奈は首を傾げた

「……ねぇ、さばげーって、何?」「うんうん、さばげーって何?」 二人から問われ、反町は苦笑した

「戦争ごっこみたいなものだよ

おもちゃの銃で敵になるヤツを狙って撃って負かす、っていう」「……流、私に背中を向けないようにね」 加奈に不敵な笑みを浮かべられ、反町はじっとりと目を据わらせる