ブラックジャック 結婚相談所

ブラックジャック 結婚相談所

「そりゃあね

あのゲンゾーって爺様は確かに強いけど

師匠ほどじゃあないわよ」「ま、ジンライさんが負けるのってちょっと想像できないもんね」「そゆこと」 そう言いながら弓花は風音に出された冷やし果汁をチューチューとストローで飲む

そして風音が「私のー」と取り上げた

「ケチくさい」「自分で頼め」 そのやりとりにミナカがクスッと笑う

あなたも好きかも:新台 スロット 花 の 慶次
「仲よろしいんですね」 その言葉に風音と弓花が相手を見ながら「腐れ縁だしね」「だねえ」 と言った

そして弓花はミナカを見て「まあ、明日戦うことになるかも知れないけどそのときはよろしく」 そう言って手を差しだし、「こちらこそ」 と、ミナカもその手を握り、握手をした

その後、いくつかの雑談をして風音と弓花が部屋に戻っていくとミナカはまた1人になった

そして呟く

あなたも好きかも:パチンコ 藤丸 くん 6000
「よろしく……か」 握った手を見る

あの感触は確かに『やっている手』ではあったが、だが何年もという年輪は感じさせないものだった

確かに技量の高さは認める

だが、あれはここ最近使うようになった手だった

あなたも好きかも:パチンコ ハイエナ 気持ち悪い
(急激に成長している……とすれば恐るべき才能ですが、だがまだ甘いようですね) そうミナカは心の中で断じた

戦士たるもの、刃を向ける相手にあれほど爽やかに相対できるものではない

そうミナカは考えている