川崎 スロット タイガー

川崎 スロット タイガー

 ご主人様がわからないどころか、もう自分自身さえもわからない

 私は座り込んで、ただただ宙を見つめる

あなたも好きかも:カジノ 公営ギャンブル
「……マリア(・・・)」 いつの間にか、私の隣に誰かが立っていて、私の名前を呼んだ

 ご主人様に言われた通り、戸締りはした

しかし、それなのにアルティさんは当然のように、そこにいて、ゆっくりと私の隣に座った

 私は吐き出すように、唯一信頼できる人に縋りつく

「ぁ、ぁああ……

アルティさん、もう何が何だかわからないんです……

あなたも好きかも:パチンコ ポチーズ ゴト
助けてください

私を、助けて……」「大丈夫、私がいる

あなたも好きかも:おすすめ スマホ オンラインゲーム
マリアちゃんには私がいるよ」 アルティさんは私を抱き寄せ、優しく囁く

 「でも、私! ご主人様を自分のものにしようと、焼こうとして……! それで……!!」「わかるよ、マリアちゃん

私にはその気持ちがよくわかる」 私の全てを肯定してくれる

「え……?」「好きな人を自分のものにしたい

力づくでも引き止めたい

手に入らないのなら燃やして自分のものにしたい

よくわかる

それは当然の感情だよ」 肯定し、「それが当然」とまで言った

 けど、そこまで言って欲しいわけじゃない