スロット 天井 表

スロット 天井 表

「サヤ、ホントごめん……

あなたも好きかも:ぱちんこ コンビニ
怖い思いをさせた上に、買ったはずの揚げ麺麭も、何処かに落としてきたっぽい……」 いつの間にか、両手が空になっていたのだ

 何のためにここを離れたんだか分からない

本当に俺、なにやってるんだ……

「ええ、よ

い、今は、食べれる、感じや、ない、し」 震えるサヤが、俺の背中で、中衣を握りしめて、そう言う

 腰をひねってサヤに手を差し出すと、サヤがその手を取ったので、そのまま引き寄せて抱きしめる

  冷水を浴びた様にガクガクと、震えるサヤに、申し訳なさが募る

 ここまで震えるサヤは、赤い礼服を着た、あの時以来……

あなたも好きかも:パチスロ 北斗の拳 転生の章 オーラ
相当な恐怖だったのだろう

「嫌なこと、された……?」「だ、だいじょう、ぶや

あなたも好きかも:萌え スロット
近くに来るまで、気い付かんとおった、私も悪い

 浮かれて……意識して、へんかったん……

こそこそ、言うてた、嫌な話を、聞いてしもたし……気持ち悪く、なっただけや……

  耳、便利やけど、こんな時、あかんな……」 サヤに聞こえない様に行われた会話が、サヤには聞こえていた

それがサヤを、こんな風にする内容だったのかと見当をつける