エムズバー スロット

エムズバー スロット

そしてその目に見覚えがあった

数秒間悩んだ後に奏は小百合が言っていた言葉の意味をほぼ正確に理解していた

あなたも好きかも:スロット 当て 方
あの目を、自分の師匠もよくしていたあの目を、今この場にいるあの幼い女の子がしているのだ

あなたも好きかも:パチンコ エヴァ 超覚醒
「・・・あぁ・・・なるほど、そういうことか

よくわかった・・・」「・・・やっぱり似てますよね?」「お前も気づいたか

よく似ている

顔立ちとかそういうのではなく、おそらく本質的な部分だろうか・・・小百合が弟子にした意味がよく分かったよ」見つけるのが私の方が早ければ私が弟子にしていただろうなといいながら奏は立ち上がりソファに座ったままの神加の前に移動すると視線を合わせるようにかがんでみせた

「初めまして

私は草野奏

あなたも好きかも:バカラ ロックグラス エトナ
術師名は『サリエラ・ディコル』お前の師匠の兄弟子だ」奏が神加の目を見たまま手を差し出すと、神加は一瞬差し出された手に視線を移してから再び奏の目を見る

そして少し康太の方に視線を向けて不安そうな表情をして見せた

康太が微笑みながらゆっくりとうなずいて見せると意を決したのか再び奏のほうに向きなおり差し出された手をおずおずと握り口を開く

「は、はじめまして

天野神加・・・です

えと・・・『シノ・ティアモ』です」自分の手を握ってきた少女に対して奏は薄く笑みを返す

優しくその手を握り返すとその目を見ながら彼女の中にいる精霊たちの姿をしっかりと確認しているようだった

「これからお前は多くの魔術師や組織に狙われるだろう

だがお前の兄弟子たちや師匠、そして私が全力でお前を守るつもりだ

だが、ただ守られるだけということがないように、お前自身も皆の力になれるように精進することだ」「・・・?えと・・・?」あまり難しい言葉を言っても神加はわからないだろう