パチンコ 厚木北

パチンコ 厚木北

「ワインのオーダーでしょうか」 そつのない、そして礼を失しない態度

 相手が明らかに若者と見えても、その姿勢は崩さない

「こんなの子供に飲ませられるかっ、ていうくらい高いのをお願いします

それこそコレクション用で、開けたら罰が当たるようなのを」 笑いをかみ殺しながらのオーダー

あなたも好きかも:個人経営 パチンコ バイト
  ソムリエは一礼して、脇に抱えていたワインリストを彼の前に差し出した

あなたも好きかも:ガルパン スロット 設定6 グラフ
「赤と白、どちらになさいますか」「今の料理に合うのを、両方とも

とにかく、これは普通飲まないだろっていうやつを」「かしこまりました

値段としてはやはり、ビンテージ物のロマネ・コンティを

赤ではボルドーのシャトー・ルパン

そして白では、ルモンラッシェをお勧め致します」 小さく頷いた屋神に、ソムリエがもう一言付け加える

「またその前に、スパークリングワインのクリュッグクロデメニルでお口直しをされてはいかがでしょうか」 柔らかで、理解のある笑み

あなたも好きかも:サクラ大戦 スロット 設置店
 屋神は会釈して、リストを彼に渡した

「全て、お任せします

この割れたボトルも、請求書に追加しておいて下さい」「かしこまりました」 丁寧に去っていくソムリエ

 屋神は背もたれに崩れ、細めのネクタイを無造作に緩めた

 そしてはす向かいでグラスを傾けている、彼氏連れの女性に手を振っている

「何してるんだ」「いいじゃないか、向こうも楽しんでる」 青いスーツ姿の綺麗な女性は、彼氏が料理に一生懸命なのをいい事に手を振り返してきた