スロット ルパン三世 消されたルパン 銭形ステージ

スロット ルパン三世 消されたルパン 銭形ステージ

 ――ただ、その弱さゆえの厄介さも、他の『理を盗むもの』と同じだろう

 動揺したセルドラは、ふらつきながら立ち上がった私を細目で観察して、また違う誰かを見ながら、今度は真逆のテンションで語り出す

「……その減らず口に、その顔

間違いなく、スノウは俺んところの末裔だな

……あの従姉(あね)と、そっくりだ

あなたも好きかも:スロット 山佐 新台
瓜二つと言っていい

しかし、あいつの面影もある

我が王とも、時折り見紛う……」 その「あね」とやらが誰かは分からない

 だが、「我が王」となれば私を通じて見ている誰かを推測できた

あなたも好きかも:アントニオ猪木 パチンコ
「その我が王って、ティティーお姉ちゃん?」 似ていると言われたのは嬉しいが、見紛うほどかとも思う

 この服が原因か? 確かに、今日はティティーお姉ちゃんから譲ってもらった軽鎧だ

だが、ギルド仲間のアリバーズに聞けば、『飛翔翠石の軽鎧ルイフェンリィト』はお姉ちゃん専用でなく、趣味の作り置きだったという話だ

 ならば、私の顔と振る舞いを見て、似ていると言っているのか

 首を傾げる私に向かって、セルドラは答えていく

「そうだ、そのロード・ティティーのことだ……

……そういや、あいつ

最初は、ティティーって名乗ってたっけな