モンスターハンター ワールド スロット やめどき

モンスターハンター ワールド スロット やめどき

ヴルトの北方ソエ川上流近くにあるマスタルでは、B(バイエルン王国)軍第4師団が黎明から南に対し耳をそばだてていました

 既に夜が明ける前、働き者の師団長ボートマー中将はヴァイセンブルクの「敗者」がいると思われていたランゲンソウルツバッハに斥候を送り、部落がもぬけの殻となっていることを確認すると直ぐに猟兵第6大隊を前進させて占領させ、師団が前進する際の拠点としています

あなたも好きかも:レインボージャックポッツ スロット
 午前7時を過ぎた頃、南方から銃砲声が聞こえ出し、皆が緊張して耳を澄ませる中、銃砲撃音は次第に激しさを増して行きました

また、ソエ川クー橋を越えて南へ送った斥候は、第5軍団の前哨から「フロシュヴァイラー高地に大軍がいる」との情報を得て戻って来ました

 夜明け前にマスタルへ騎行し様子を見ていたB軍第2軍団長フォン・ハルトマン大将はこの状況を知ると直ちにレーバッハへ伝令を飛ばし、予備部隊である槍騎兵旅団と砲兵3個中隊をマスタルへ前進させボートマー将軍へ預け、将軍には直ちに部隊を区処して南へ向け師団を前進させよ、と命じるのでした

 この命令を受けてボートマーが前衛をマスタルから出発させたのが午前8時15分、先行したのは4ポンド歩兵軽砲1個中隊で、猟兵が護るランゲンソウルツバッハに進むとその北東方に砲列を敷き、南方フロシュヴァイラーへ向けて砲撃を開始するのでした

 するとフロシュヴァイラーの仏軍砲兵も応射し、砲撃戦が断続的に続きました

B軍側は途中でもう少し威力のある6ポンド重砲中隊に代わりますが、元来この砲撃戦は距離があり(約3キロ・射程ぎりぎりです)、お互い敵に大きな損害を与えることは出来ませんでした

 マスタルから真っ先に進発した歩兵はB第7旅団所属の第9連隊でした

彼らは仏軍の陣取るフロシュヴァイラーの北、ネーヴァイラーの部落目指して山地の森林を行き、ランゲンソウルツバッハの北を通過して仏軍右翼に向かうのでした

また、ランゲンソウルツバッハにいた猟兵第6大隊は1個中隊を砲撃戦中の砲兵中隊護衛として後置すると第9連隊と行動を共にし、残り3個中隊は森の中で散開し前衛として進みました

あなたも好きかも:日本版カジノのすべて
その後方には第9連隊の2個大隊が縦列で続き、同第3大隊が後尾に密集隊形で続きます

あなたも好きかも:偽物語 スロット 朝一 ガックン
 しかし、この行軍は最初から仏軍に発見されており、砲撃が山中に加えられるようになります

この辺りの山は起伏が大きく、部隊は斜面を苦労して登り、砲撃に邪魔されながらもランゲンソウルツバッハの南に広がる森の南端まで到達するのです

バイエルン第2軍団の突撃 ところが、この地点まで来ると既に敵砲兵が森の先端に照準を合わせて待ち構えており、前衛が森から出るや否や仏軍の散兵から射撃を受け、続けて砲撃が始まり、榴弾だけでなくミトライユーズ砲の射撃も加わってB第4師団前衛の前進はここで阻止されてしまったのでした

 猟兵第6大隊と第9連隊はこの森の縁で踏み止まり、右翼を第2大隊(正面がネーヴィラー)、左翼を猟兵と第1大隊として敵に対しました

やがて砲撃でB軍の進撃を阻止したと確信した仏マクマオン軍の左翼デュクロ師団は散兵から小集団へ隊形を変え、砲兵を援護に次々と銃剣突撃を繰り返し始めます

B軍も必死で堪えますが仏軍も必死で攻撃し、B軍が押され始めたところに後方から第3大隊が到着、戦線は膠着しました