名古屋 パチンコ キャッスル大金

名古屋 パチンコ キャッスル大金

 それは魔法に変換される前から輝き、私の魔力なのに私の身体から勝手に――丸い光の泡となって出て行く

 泡の色は、光らしい白や透明だけで統一されていない

赤緑青といった千種以上の多種多様な色が浮かび、虹のような模様を描いている

あなたも好きかも:パチンコ 江頭 来店
 ――もっと明るく! 世界で『一番』明るく!! そう決意し、まず上空にて光の泡を一つ弾けさせた

 その中には『光の理を盗むもの』の魂の一部、国一つを覆うほどの光が詰まっていた

 天から魔法の日差しが注ぎ、黄金色の空を塗り替えていく

 白い大雨のような光の群れが、血の床に打ちつけられた

そして、その光は天に向かって反照(はんしゃ)する

 天地から、揺らめく巨大な極光の天幕(オーロラ)が降りた

あなたも好きかも:龍が如く6 パチスロ
その裾が触れ合い、絡み合って、細長い菱形を無数に象る

生き物のように変動する光の綾模様が完成した

あなたも好きかも:スロット バイオハザード イントゥ
 続いて、側面の空で泡が一つ弾け、千を超える日射の線が横切った

 それはまるで、鉱石の面で硝子を引っ掻いたかのような白い傷の束――光芒だ

 広がった光の綾模様に横の白線が足され、より複雑に、より立体的に、より幻想的となっていく

 まだ《ライト》は緩めない

 私は空に浮く光の泡を次々と割っていく

 光に光が満ち、光が光に反射し、光と光が交差していく

 その間も、私の身体から光の泡は無限に湧き出ていく

 数え切れないほどの光の泡が『頂上』に浮かんだ