パチンコ ヤマト 199 連チャン

パチンコ ヤマト 199 連チャン

「なんでそれが、クジラ族を襲っているか分かる?」「海底に封印されていたものが何らかの切欠で目覚めたのでしょう

 その使徒は、目覚めて最初に見た種族を殺しつくすと云われています

 その時にクジラ族を見たのでしょう」「弱点はあるのか?」「中央の城塞についた大きな眼を突ければ、大人しくなると聞いたことがあります」何かを思いついたクラーゴンが近寄ってきて「……タカユキ様、風神の力で私達を、共鳴粒子の舞い降りる 河の上に飛ばせられるか、訊いてもらえないかしら」「分かった

今のクラーゴンの質問に答えろ」「可能です

あなたも好きかも:スロット バイト 内容
ただし、偉大なる風神様は、成り上がられたばかりなので 能力を使いこなせるかは未知数です」「つまりはタカユキ様の努力次第ってことね」クラーゴンはそう言うと「じゃ、私たちはタカユキ様が河の上を飛ばせてくれるのを前提で 作戦を立て始めるわ

もう時間が無いし」クラーゴンが中心になって、俺以外の全員が話し込みだす

あなたも好きかも:鬼武 者 パチンコ 評価
ゴウブも目を開いてそれに聞き入りはじめた

「……」やはりそうなるか……と一瞬、完全に俺頼みな状況になって愕然としたが落ち込んでいる時間は無い

「風神の力で仲間たちを河の上を飛ばすにはどうしたらいい? 難しいなら、翼のあるセイやゴウブだけでもいい」「……河の上に風の精霊たちを大量に集めます

 それに命令して共鳴粒子入りの砂を払いつつ、 同時に風の通り道を作らせます

人間程度の重さならば、風力で運ぶことも可能です」「呼べばくるのか?」意識的に呼ぶのは初めてである

あなたも好きかも:北海道 木古内 パチンコ
確認してみたがいけるようだ

「はい」「分かった

……えーと、ここに集合できるだけの 風の精霊は直ちに俺のもとに集まれ」適当に空に向けて呟く

一分ほど何も起こらずに自分の中二な発言に恥ずかしくなってきた頃、急に森や空から、辺りを覆い尽さんばかりの精霊たちが俺の周りに緑の洪水のように押し寄せてきて、あふれ出す

「なんですかー」「あのー私仕事中だったんですけどー」「僕は暇だよ」「暇ってなんだよ

その暇をくれよ」「こらっ精霊王様の話をきけ」「自治厨はうざいなあ」「でも一利あるよ」「命令はよ」「命令くださーい」「歌いまーす」「やめろ音痴」「私は聞きたいかもー」「聞かせろー」好き勝手に喋り捲る、空まで覆い尽す、何万もの緑の光に戸惑いながら俺は指示を出す

「この港から向こう岸までの河の上の、できるだけ広い範囲で 共鳴粒子入りの砂を風を起こして払って そこに風の道を作ってくれ」「はーい」という何万もの精霊が一斉に答える声が聞こえて緑色の光は河の上へと移動して行った

向こうの仲間たちの輪で話していたバンが驚いて、きゃあきゃあ騒いでいるのがやっと聞こえてくる