パチスロ天井期待値

パチスロ天井期待値

あなたも好きかも:スロット 旋律のストラタス
 手を額に当てることで、状態を確かめていき、震える目で私を見つめる

「いまの……

ラグネって人が、マリアお姉ちゃんに使ったのと同じ……」「うん、仲良しの真似っ子

あなたも好きかも:パチンコ サザンアイズ
ラグネちゃんと同じだよ

どうにか、ラグネちゃんにも見せてあげたいけど……、それは間に合わないか」 期待していた少女(リーパー)が予定通りに出てきてくれたことで、さらに私は安心する

 もう全員撤退までの障害は、ほぼないだろう

 余裕を持って、中央の吹き抜けから差し込む光を見た

 未だ朝を迎えていないというのに、ここまで明るいのは、『光の理を盗むもの』の力に間違いない

そして、光が強まっているということは、相対しているであろうラグネちゃんの敗北が近づいていることでもある

 パラパラと風で捲れていく本のように、このフーズヤーズ城の物語が急速に進んでいくのを肌で感じる

 その私の余裕の態度を、リーパーは警戒していた

「ラ、ラスティアラお姉ちゃん……?」「リーパー、お願い

みんなを連れて逃げて」 そして、私はセラちゃんに頼めなかったことを、彼女に伝える

「逃げるの……? でも、それじゃあお姉ちゃんが! もしお兄ちゃんが戻ってきても、意味がなくなる!」「わかってる