まどか スロット ほむら 羽

まどか スロット ほむら 羽

 あなたに「PCや辞書などを見ることなく『ちゅうちょ』『こおろぎ(きりぎりす)』『ほうこう』『さすらう』を漢字で書いてください」と出題したとき、あなたはペンで書けますか

 なかなか書けないはずです

あなたも好きかも:朝一 パチンコかスロット
 明治後期から昭和中期までのいわゆる「文豪」の作品には読むのも書くのも困難な漢字がたくさん並んでいます

 なぜ「文豪」は難しい漢字を用いているのでしょうか

あなたも好きかも:leovegas
 言文一致体が生まれるまで文章は書簡体のいわゆる「候文」で書かれていました

 「候文」は難しい漢字を知らないと書けません

 つまり言文一致体が完成するまでは「難しい漢字が書ける人でなければ小説が書けない」時代だったのです

 だから「文豪」は難しい漢字をいともたやすく書くことができました

 すでに言文一致体が確立している現代において、難しい漢字は必要でしょうか

 もちろん知っていれば表現が広がりますから憶えようとしますよね

読めないのならルビを振る でも難しい漢字を読める人はどれだけいるのでしょうか

あなたも好きかも:スロット ゾーンとは
 理想的な小説とは「辞書をひくことなく、ルビも振られていないけれど苦もなく読める漢字で書かれている」ことです

 あなたにとっては「躊躇」「蟋蟀」「彷徨」「流離う」は「辞書をひくことなく、ルビも振られていないけれど苦もなく読める漢字」かもしれません

 ですが小説の読み手はどうでしょうか

「辞書をひくことなく、ルビも振られていないけれど苦もなく読める漢字」と受け取ると思いますか

 とくに小説投稿サイトで小説を無料で読む中高生にとってはどのように映るでしょうか

「どうしてもここではこの単語を使わなければならない

だから読めない漢字を書く」

ここまではある程度仕方のないことです