パチスロ モンキーターン2 解析

パチスロ モンキーターン2 解析

間を置いてブルジェ大尉が出て行き、その後ろからおよそ20名の生存者が出て来ると、遠巻きにしていたバイエルン兵が一斉に銃を向けました

地獄のバゼイユ市街を戦い抜け、ここでも仲間を多く倒されたバイエルン兵たちは殺気立っていました

近付く兵士の中には鬼の形相で銃剣を向け、そのまま突進して二人の仏軍士官を突き刺すのではないか、との緊迫した空気が流れます

 この時、バイエルン兵を率いていたリシニヨル大尉(記事では第42連隊となっていますが、これも第12の誤りかと思われます)は殺気立つ部下の前に急ぎ立ち塞がり、兵士に冷静を呼び掛けて虐殺を防いだのでした

部下を止めるリシニヨル大尉 こうして、勇気ある敗者を尊ぶ騎士道精神を忘れなかった一バイエルン士官に救われ、捕虜となったランベール少佐ら仏海軍将兵の前には、「最後の銃弾の家」を取り巻くようにバイエルン兵戦死者が倒れていました(原文では600名と、かなり誇張しています)

あなたも好きかも:パチンコ ポパイ 赤堀
 これを見たランベール少佐はこう呟いたと言われています

’Tous, nous marchons le front haut et nous disons nous ne sommes pas de la capitulation de Sedan.’「諸君、顔を上げて歩こう

セダンが陥落しようと我々に(死力を尽くし戦ったので)責任はない」Bazeilles 31 août - 1er septembre 1870 植民地歩兵指揮官ジャン・コワネ大尉著(1953年)より抜粋

筆者意訳と加筆

最後の銃弾の家 アルフォンス・ヌーヴィル 1873 仏の画家アルフォンス・マリエ・アドルフ・ドゥ・ヌーヴィル作のこの絵画は、バイエルン画家のルイ・ブラウンが描いたヘルマン・ヴァイナハトの活躍(詳細は「普仏戦争/開戦直前のドイツ軍(三)」をご覧ください)や、カール・レヒリング描くハデルン少佐の死(同じく「グラヴロットの戦い/独第一軍戦線崩壊に瀕す」参照)と同じく、プロパガンダの傑作と言われています

あなたも好きかも:サザンアイズ スロット 設定
 実際の戦闘では絵画中に描かれたティライヤール兵はその場におらず、海軍兵士ばかりだったはずなのに戦列歩兵も描かれています

(いくつかの証言では、原隊からはぐれたカンブリエ准将旅団の戦列歩兵第34連隊兵士が1名いたとも言われるものの……) 更に驚くことには、脚を怪我して中央の家具を支えに身を乗り出しているランベール少佐も陸軍士官の制服(アルジェリア・ティライヤール部隊と思われます)で描かれています

あなたも好きかも:サミー 新台 スロット
 もちろん画家は史実を知っており、絵画の出来栄えとフランスの栄光のため、歴史を都合よく改竄して描いているのです

 ドゥ・ヌーヴィルは、海軍兵ばかりでなく陸軍兵を描き加えることで、この戦闘における英雄的な性格を仏軍全体の姿に拡張しているのです

 ヌーヴィルの描いた客室

天井に開いた穴に注目

 20世紀初頭の「最後の銃弾の家」