スロット ビタ押し 台

スロット ビタ押し 台

「あのね、フラン

デリアやギルがいると、二人で話せる機会が次にいつあるかわからないから、言っておきたいの

いい?」 廊下には他の神官がいるかもしれないので、フランの耳元で内緒話をするように囁きかけると、視線だけは真っ直ぐ前に向いたまま、フランは小さく頷いた

「お伺いします」「わたし、まだ全然貴族のことわからなくて、フランをすごく困らせると思うけど、なるべく早く覚えるように努力するから、協力して欲しい

神官長の役に立てるように頑張るから、目的は同じってことで協力し合えないかな?」 グッとフランの腕に力が籠り、フランの喉仏が上下して、息を呑むのが見えた

「それが私の仕事ですから

あなたも好きかも:エミュ ゲーム機
……私の方こそ、神官長のお心を推し量れず、マイン様に不満をぶつけるような結果になったこと、お許し頂けたらと……」「え? 推し量れず、って何? 神官長はちゃんと説明しなかったの?」 ポカーンとしてしまう

説明も無しに、わたしに付けられたら、それは不満だろう

神官長付きの側仕えから一介の青色巫女見習い――それも、貴族でもない平民の小娘――の側仕えに変えられるというのは、左遷だとしか思えなくても仕方ない

あなたも好きかも:茨木 パチンコ コロナ
「周りに一体どれだけ敵に通じている者がいるかわかりませんから、言質を取られぬよう、神官長は普段から多くを語られません

人払いをしたとはいえ、今日のお言葉の多さには驚きました」「いやいや、部下に意図が通じてないのは、問題だよ

フランは意図がわからないまま、わたしに付けられて辛かったんでしょ?」 神官長の立場が一体どういうものなのか、わたしには全くわからないが、こんな忠義者に悲しい思いをさせていたら、味方は減るばかりに違いない

あなたも好きかも:ダンスマン スロット
「そうですね

神官長には必要ないと、デリアやギルと同程度の者だと、言われた心地がいたしました」「それはないよ

神官長はね、フランをわたしに付けておきながら、フランを手放したつもりなんて欠片もない人なんだよ」 神官長への忠誠心を更に強くし、ついでに、わたしにも優しくしてくれるといいなぁ、という下心満載のフォローのために、わたしはこっそりと囁いた

「そうでございましょうか?」 疑問の形をとっているけれど、フランの声音には明らかに否定の色が強い

「わたしに貸してるだけの気分だから、ベンノさんって客人がいる前で、一応新しい主であるはずのわたしに何の断りもなく、フランに命令しちゃえるんだよ

秋までに体調管理できるようになれって、言ってたけど、普通の貴族に置き換えたら、かなり失礼じゃない?」「……マイン様のおっしゃるとおりですね」 フランがくすりと小さな笑いを漏らした時、玄関の扉が開いた