アイマス パチンコ 信頼度

アイマス パチンコ 信頼度

 だが、その瞳には昏い光が宿っていた

あなたも好きかも:スロット ブラッドプラス やめどき
「でも、オレは万能なんだ

 最後にはきっと、叶えてみせる」 ヴィータは銀の簪を抜いて紙を解くと、手中のそれを握って凄絶に微笑んだ

あなたも好きかも:新 北斗 の 拳 スロット
マリアの心労+1……

「すみません、俺の不手際でした

戻り時の妖精を使えますか?」そう伝えれば、呼び出されたアルテアが眉を持ち上げる

「らしくないな

あなたも好きかも:スロット 台移動
お前なら、その場で壊せばいいだろうに」そう笑ったアルテアがいるのは、この浴室に繋いだとは言え、正面の鏡の向こう側にある見知らぬ廃墟だ

がらんとした教会跡のようなところだが、天窓からは鎖が垂れ下がり、誰かの亡骸が吊るされている

いつもの椅子に座り、ステッキを椅子の背にかけて煙草の煙を吐き出した旧知の魔物は、どこで何をしていたものか擬態の気配はない

であれば彼は、選択の魔物としてそこにいるのだ

「今回は、単純に壊してしまう訳にはいかないんですよ

ネアは、彼女を気に入ったようだ」「…………まさか、直接会わせたのか?」「リロレイドが部屋に入って来たんですよ

………直接会話した訳でもないが、ネアは誰かを気に入ると分かりやすいですから」そう言えば、アルテアがさもありなんという目をして天井を仰いだ

話を聞く限り、アルテアといる時の方が、ネアはそのような相手に出会いやすい傾向がある

アルテアは、もう何度もそんな場面を見たのだろう

「………ったく、だから余計な奴には会わせるなと言っただろうが

特に女は厄介だ

あいつ自身が痛切に欲しがっている縁だからな、気に入ればすぐに好意的になるし、あいつが気に入りそうな女は自尊心が高そうで鬱陶しい」それは、アルテアとは再三話してきたことであった