ビック スロット 札幌

ビック スロット 札幌

」」」僕と愛里ちゃんと三倉さんの3人は状況が飲み込めずに首を傾げてしまったのですが

あなたも好きかも:南風原 パチンコ
一人だけ落ち着いた雰囲気の天城さんは、案内図を僕に預けてから三倉さんに視線を向けました

「出発しよう

時間をかけるほど朱鷺田の身に危険が及ぶからな」「え?あ、う、うん…

そうね」戸惑った様子を見せる三倉さんですが、天城さんの指摘する言葉の意味は理解できたようですね

僕達が足を止めている間にも、朱鷺田さんは単独で地下に向かっているはずです

すでに研究室の制服ではなくて朱鷺田さん自身の服で警備兵へと向かって行ったのです

あなたも好きかも:冬 の ソナタ パチンコ リ メンバー
先ほどの潜入調査で顔を覚えられている朱鷺田さんに変装は必要ないということだと思いますが、こうなるともう戦うことでしか地下に向かう方法はありません

争いは避けられず

時間をかければかけるほど警備兵の増援が朱鷺田さんに襲い掛かることになってしまうのです

そのことを三倉さんは理解しているようでした

あなたも好きかも:小野市 パチンコ 生活保護
「急ぎましょう」扉に向かう三倉さんのあとを追う天城さんは、残る僕と愛里ちゃんに一つだけ指示を出してくれました

「安全装置の解除後は再び操作されないように破壊した方が良いだろう

そして目的を果たしたあとは迷わず研究所から撤退しろ」「分かりました

安全装置の解除後は愛里ちゃんと共に研究所を離脱します」天城さんの指示を受けて、僕はしっかりと頷きました

「あとで合流できることをお祈りします」「ああ」はっきりと答えた僕の返事を聞いてくれた天城さんは、三倉さんと二人で安全装置の解除の為に更衣室をあとにしました

《サイド:朱鷺田秀明》『コッ…コッ…コッ…コッ…