メガ・ドラゴン

メガ・ドラゴン

「……適当に暴れればいいんだよ

玲阿とかがいない内なら、どうにかなる」「本当にそれで、大丈夫だろうな」「今学校にいる奴なんて、大したのは残ってない

授業中なら余計に」「女でも誰でもいい

あなたも好きかも:東京都 パチンコ 営業中
何人か骨でも折れば、びびって手も出せなくなるさ」 聞こえてくる馬鹿笑い

 俺は階段を下り、静かにドアを閉めた

あなたも好きかも:したらば pachinko
 思わず緩む口元を感じながら……

「何か」「授業中に暴れようとしてる馬鹿がいるから、監視しろ

リストはこれだ」 昨日撮影した映像から、すでに人物の特定は出来ている

 御剣は転送された画像を自分の端末で確かめ、うっそりと頷いた

「あの、殴っていいんですか」「お前の判断に任せる」「分かりました」 心底嬉しそうな笑顔

 放っておけば、自分から殴りかかるような奴だからな

「玲阿達がいなくて、自分達をアピールするいいチャンスだと思ってるらしい」「なるほど

あなたも好きかも:2016 撤去台 スロット
分からなくもないですけどね」「お前も、名前を売るチャンスだろ」「いえ