銚子 ぱちんこ

銚子 ぱちんこ

そんなんビクビクしとったら疲れるで?」「依頼に比べりゃ楽なモンだ」 帰宅の生徒たちに紛れながら校門を出て、分かれ道までみんなで一緒に歩く

「まだ轟司の素性もなんもわかっとらへンのやから、そら当たり前やろ」 大介がため息混じりに一平を睨んだ

あなたも好きかも:パチンコ ファン感謝デー 2019 東京
「おまえもごちゃごちゃ言うとらんと、みんなの世話になったらエエねん

何を遠慮する必要があんねんな

ダチやろ」「遠慮ちゃうっちゅーねん

遠慮やなくて、そこまでするのンは過保護過ぎるぅ言うてんねん

ガキやあるまいし」「過保護のどこが悪いンやボケ」「ガキちゃう」「ガキ同然じゃぁボケ」「オレの方がデカいねんぞ?」「アホ抜かせ

あなたも好きかも:パチスロ 龍娘 天井
見た目ばっかのインチキやんけボケ」「見た目のこと言うンやったらおまえ、……、……」「なんじゃコラ

その先を言うてみぃコラ」「とーにーかーくー

おまえら二人とも事件終わるまでタライ回し決定っ」 洋一が有無を言わさずに勝手に決める

あなたも好きかも:都立 大 パチンコ
 一平は深くため息を吐き、大介はみんなを見回した

「ほな、今日は誰ンとこに行くンや? 一旦寮に戻って着替え取って来なあかんなー」「なんだ? 大介、結構楽しそうだなー」 白川が苦笑気味に首を傾げると、大介は「おう!」と笑顔で頷いた

「朝までゲームしよーやゲーム! 持っとるやろ!? 持ってヘンねやったら、オレ、持っていったる! よぉ一平と遊ぶねん!」「なんのゲーム? 格闘? サッカー?」 みんなで盛り上がる中、一平は更にため息を吐く

日を追うごとに元気をなくす彼に、反町は間を置いて横に並んだ

「……そんなに深く考えるなって」「……

別に深ぁ考えてヘンけど……」「みんなが心配してる、それだけなんだ

……ただでさえ、翔太先輩がどうなってしまったかを知ってるんだから」「……