逆襲のシャア パチンコ ボーダー

逆襲のシャア パチンコ ボーダー

僕は……まだ、話の外というか……蚊帳の外というか……「なあ、ミラってば

俺にもちゃんと説明してくれよ

その……フリードさんにはフリードさんの事情があって、俺達とは別行動を取る必要があった……みたいな話なんだよな? その……わざわざ敵対までして……」「ああ……うーん、説明が難しいわね

じきに分かるでしょう、もうちょっと待ってなさい」 いや、じきにって……分かるわけないだろ、説明してくれないと

あなたも好きかも:アクエリオン パチンコ 甘 設定
そんな僕の訴えを無視して、ミラは大きく伸びをしてからだらんと両足を投げ出して寝転んだ

もう動けないってか

でも……もう戦う必要が無いなら……「……? あ……あれ? ミラ、俺達はなんの為に戦ってたんだっけ……? 犯人を捕まえて、モノドロイドに接近して……」「ああもう、本当に鈍いわねアンタは

それもすぐに分かるから、黙って見てなさい」 え、ええ……僕が怒られるの……? ミラのそっけない態度に少しだけ泣きそうになっていると、フリードさんの背中に緊張感を感じた

ミラは……動けないまま、それでも心配そうな顔をしている

心配そうな顔をしているのに、何かをしようとする気配は無い

あなたも好きかも:カイジ パチンコ 初代
僕にはそれが不思議なものに……いや、異常なものに見えて……「————では、始めよう

この世界の救済——己達の目的の遂行を————」「……フリードさん……? 何を……っ! まさか……この音……」 ギィィイ——と、何かが高速回転する音が聞こえた

あなたも好きかも:パチンコ エヴァンゲリオン x
それと同時にゴムタイヤがコンクリートを引っ掻く音も

大慌てでミラの——ふたりのそばに駆け寄り、そしてやっと事態を把握出来た

「……ひとりで……これ、ひとりでやるつもりで……」「——無論だ

それこそが——」 現れたのはポストロイドの大群だった